合格体験談 昭和64年4月~平成2年3月

ַɴさん

「合格はあらたなスタート」

1造園(1級造園施工管理技士・学科実地)  女 (43) 福岡県宗像郡津屋崎町(現福岡県「福津市」)
 自分のやりたい仕事をするための第一歩と考え、まず資格取得を目指しました。この学院なら造園の勉強ができるということで入学し、最初の目標を達成しました。
 この合格を新たなスタートとし、今後も頑張ろうと思います。
花栗美百合さん(ハナグリミユリ)〔九州建設専門学院No.2068140〕
ライセンスメイト 平成2年3月号・・・No.132

ƣͳさん

「人生前向きに」

2土木(2級土木施工管理技士)  女 (26) 福岡県久留米市
 お茶くみ事務員で終わるのは嫌だと思い、この資格に挑戦。学院に来てみると、私以外にも女性はいて、励まし合って勉強しました。何にでも無理だと思わず、前向きに頑張っていきたいですね。
佐藤由美さん(サトウユミ)〔九州建設専門学院No.2063170〕
ライセンスメイト 平成2年3月号・・・No.131

ȹさん

「1日中図面とにらめっこの毎日」

トレス(3級トレース技能検定)  女 (25) 福岡県久留米市
 私がトレースの資格取得をしようと思ったのは、知人からのすすめでした。私には、これといった資格もありませんでしたし、“描く”ということは嫌いではなかったので、思い切って受講しました。
 しかし、簡単そうだと思っていたトレースも、やってみると案外難しく、また奥が深いことを知らされました。試験まで余り時間がなかったため、1日中図面とにらめっこの毎日。何枚も何回も繰り返して練習し、きれいな線を描くように心がけていました。
 試験当日は、あがりっぱなしで、出来上がった図面を見てほっとしたものの、結果がわかるまで不安はつのる一方・・・。
 合格通知が来た時はもう嬉しくて、嬉しくて!
 現在は、トレーサーの卵としてがんばっています。これからは、1級・2級の資格も取って、大いに活躍したいと思っています。
秋吉康子さん(アキヨシヤスコ)〔九州建設専門学院No.2079050〕
ライセンスメイト 平成2年3月号・・・No.130

ƹさん

「どうしても合格したい思いが叶って」

2建(2級建築士・製図)  男 (41) 福岡県嘉穂郡稲築町(現福岡県「嘉麻市」)
 現在、建築大工として働いています。以前、木造建築士を取得し、何か大工の経験を生かした仕事がしたいと思っていましたが、木造建築士では思うようにいかず、友人と二人で2級建築士を受験しました。62年度に学科試験に合格しましたが、設計製図は独学では難しく、不合格となりました。
 この頃新聞で貴学院のことを知り、電話して学院を訪ね、すぐに入学し63年度の設計製図試験に向かって勉強しました。でも、思うようにはいきませんでした。
平成元年度は、どうしても合格したく、一所懸命勉強しました。本学院の今度の先生の指導は、とても理解し易く、模範解答も教えて項き、それを20枚くらい製図しました。苦労した甲斐があって、今度は見事に合格しました。
 今は、宅建主任者と1級土木施工管理技士の資格取得を目指して、勉強を始めました。
綱脇孝信さん(ツナワキタカノブ)〔九州建設専門学院No.2049480〕
ライセンスメイト 平成2年3月号・・・No.129

ɧさん

「学院からの1本の電話で・・・」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (27) 福岡県久留米市
 建築会社で施工管理業務に従事していますが、職務上、宅建の重要性・必要性を痛感して、取得したいと思い独学していました。しかし、勤務時間の制約、意志の弱さなどで、なかなか合格点に達しないので、あきらめかけていました。
 ちょうどその頃、学院から電話があり7月頃でしたが、“今からでも間に合うコースがある“ということで、夜間コースに入学しました。私の場合、学院での講義は休まず出席し、帰宅後はすぐに復習をし、問題集で勉強しました。テキスト・問題集はとても解り易く大変重宝しました。
 学院の教室に掲示してある“継続は力なり“を肝に命じて、これからも様々な資格に挑戦していきたいと思います。
上野和彦さん(ウエノカズヒコ)〔九州不動産専門学院No.2078090〕
ライセンスメイト 平成2年3月号・・・No.128

ٰȻさん

「大勢の方のおかげで無事合格!」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (38) 福岡県飯塚市
 私の勤務している会社が建築関係で、建売などの時には、宅建の免許がないと仕事になりません。そこで資格取得を決心したのですが、忙しさにとりまぎれて勉強が間に合わず、その時は、合格までいきませんでした。
 独学だと理解できない部分が多かったこともあり、学院で勉強したら持続できるのではないか、しっかり理解できるのではないか、また学院のオリジナルテキストなら要点がまとめられてわかり易いのではないか、と思い入学しました。
 試験が終わった後、自己採点では33点。きっと駄目だと思い、ほとんどあきらめかけていましたので、合格と聞いた時は、信じられませんでした。
 宅建に合格したら、次は2級建築士をと思っていたので、さっそく勉強を始めたいと考えています。
この度の受験にあたり、講義と答練を受けるために、会社は土曜日を休ませてもらい、実家の母には、子守りを頼みました。学院の皆さんにも大変お世話になりました。多くの方々のおかげで合格できたのだと、本当に嬉しく思っています。ありがとうございました。
細井照子さん(ホソイテルコ)〔九州不動産専門学院No.2069160〕
ライセンスメイト 平成2年3月号・・・No.127

さん

「好きな仕事で頑張ろう!」

調査士(土地家屋調査士)  男 (44) 福岡県宗像市
 私は、この学院でまず宅建の資格を取ったのですが、自分の性格から調査士の方が合っていると思い、今年受験しました。私もまず測量士補を取ってから調査士に臨みました。調査士の試験では、書式がかなり重要視されるということで1000回書けば合格すると言われました。それで1年に1500枚ぐらい書きました。またそろばんもほとんど初心者なので、本を買って来て毎日短時間でも必ず練習しました。努力の結果、択一も本試験ではかなりできたと思います。
 私としては、試験をもっと改善して専門知識をもっと問うような形にしていった方が良いのではないかと思いますが、合格できたから言えることかもしれませんね。私は資格を取らないといけないという必要性に迫られての受験ではなく、自分で望んで取ったものですから、嬉しさもひとしおです。この調査士の仕事を私は“好きだ”と感じるのでこれからこの仕事で頑張ろうと思います。
横山喜男さん(ヨコヤマヨシオ)〔九州不動産専門学院No.2036560〕
ライセンスメイト 平成2年2月号・・・No.126

さん

「全くの初心者でも1度で合格!」

調査士(土地家屋調査士)  女 (43) 福岡県福岡市城南区
 昨年度、宅地建物取引主任者の資格を取得したので、次にこれを生かして何かがんばってみようと貴学院に相談したら、土地家屋調査士をすすめられたので測量士補と一緒に受講することを決心しました。
 測量の方は、平板・トランシットなどの測量方法や用語がむずかしく困難の連続でした。とにかく勉強するしかないと思い先生や教室のみんなにいろいろきいて回りました。
またテキストも暗記する程読みました。そうするうちにだんだん理解できるようになってきました。書式を始めたのは4月に入ってからでしたが、失敗して何枚も何枚も書きました。先生に500枚といわれたので、それを目標にがんばりました。
 試験が終わった後、失敗したと思っていたので、学院から合格の電話をいただいた時は信じられませんでした。未だに実感がわかないくらいです。全くの初心者がたった一度で合格できたなんて、講師の先生、学院のみなさまのおかげです。本当にありがとうございました。
中野和代さん(ナカノカズヨ)〔九州不動産専門学院No.2061620〕
ライセンスメイト 平成2年2月号・・・No.125

Ѵさん

「今年こそ合格を! と思い貴学院へ」

調査士(土地家屋調査士)  男 (37) 鹿児島県鹿児島市
 過去に何度か土地家屋調査士の受験をしたのですが、なかなかうまくいきませんでした。それで今回は、初心者でも合格レベルまで到達できるという貴学院の調査士コースを受講することにしました。
 今年は何としても合格したいという願望が強く、家族にも全面的に協力してもらい、できる限り自分独りの時間をつくりました。まるで大学受験生のような立場でいました。
 学院での講義は大変わかりやすくていねいで効果的でした。書式の練習は苦手で特に計算には頭を悩まされました。そろばんは、くり返し練習し必死の思いでがんばりました。試験直前には、過去の問題集をはじめ数多くの問題をあたりましたが、過去の失敗からなかなか安心感が得られず、結局試験当日まで書式の練習をくり返ししました。
 学院から合格の知らせを受け、4名の方が合格されたと聞き学院のすばらしさに驚きました。講師の先生はどんな質問にも的確に答えて下さり、各自に応じたアドバイスをしてくれるので、リラックスして試験に臨むことができました。
 全国少数の合格者の一人に加えていただき心よりお礼申し上げます。学院を選んで本当によかったと感謝しています。
用丸明憲さん(ヨウマルアキノリ)〔九州不動産専門学院No.2061920〕
ライセンスメイト 平成2年2月号・・・No.124

δƻさん

「親子二代で調査士を!」

調査士(土地家屋調査士)  男 (32) 福岡県北九州市戸畑区
 私は、この土地家屋調査士をとる前にまず測量士補の資格取得に挑戦しました。それは、他の多くの方と同じように調査士の準備のためです。
 貴校の門を叩くまで、私は全く測量の知識がなく、いわばゼロからのスタートでしたが、講師のみなさんがゆっくりしたペースで講義をされたので、初心者の私もその場で十分理解でき第一の目標を無事達成できました。そして最終目標の調査士を今年受験したのですが、法律関係は得意なので仕事をしながらの勉強でしたが、しっかり自分のものにすることができました。問題は作図とそろばんでした。とにかくどちらも練習するしかないと思いがんばりました。
 少々不安も残りましたが、本試験に無事合格できてホッとしています。ただ、測量の方は学院での実習以外やっていないので、もっと勉強してしっかり身につけようと思っています。そして父親も調査士をもっているので、これからは親子二代でがんばっていきたいと考えています。
増田隆道さん(マスダタカミチ)〔九州不動産専門学院No.2053230〕
ライセンスメイト 平成2年2月号・・・No.123

 تϺさん

「学院の講義は楽しく明るい」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (32) 福岡県福岡市南区
 今、不動産とは全く関係のない仕事をしているのですが、いずれその方面に進みたいと思い受験しました。仕事で時間がとれないので、いろいろ考えた末、毎日必ず時間を見つけて小さな手帳に目を通すようにしましたが、これは、効果的でした。また、学院の講義も楽しく明るいものでとても良かったと思います。
 今後これを土台に、司法書士や行政書士なども勉強していきたいと思います。
菅 惠太郎さん(スガケイタロウ)〔九州不動産専門学院No.2065660〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.122

¼Ƿさん

「不動産部異動を目標に」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (24) 佐賀県佐賀市
 会社の不動産部にいずれ行きたいので、資格があると役立つと思い、学院に入学しました。
 私は、まずテキストをノートに写して3~4ヶ月間は基礎を身につけることに重点を置きました。学院には、確実な力をつけるために通っていました。また問題を何度も解くことによって基礎と学院で勉強したことを確実なものにしていきました。
 ゆくゆくは、土地家屋調査士も取ろうと考えています。
嘉村和之さん(カムラカズユキ)〔九州不動産専門学院No.2070520〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.121

さん

「子どもの昼寝時間を利用」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (34) 福岡県福岡市中央区
 現在主婦ですが、いずれ再就職する時のことを考え、今年宅建を受けました。子どもが1歳なので家を離れることができず、通信教育にしたのですが、良かったと思います。
 勉強は、子どもが昼寝をしている2時間ぐらいの間に集中してやりました。通信教育は、テープがどんどん送られて来るのでためたら大変です。“今やらなければ明日はできないかも“という気持ちもあり毎日2時間の勉強は集中してできました。テープは、分からないところは何回も聴けるし生録音だったので分かりやすかったです。
 再就職にあたっては2級建築士とインテリアコーディネーターも取ろうと思っています。
内田美紀さん(ウチダミキ)〔九州不動産専門学院No.2076980〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.120

ͭͳさん

「老後は主人と不動産業を」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (41) 鹿児島県鹿児島市
 子どもが大きくなると、自分の時間ができるので、何かやってみようといろいろ考え、宅建に手をつけました。去年、初めて宅建の勉強を始め、今年は、仕上げに答練を受けて、試験にのぞみました。絶対に取らないといけないわけではなかったので、気負うことなく受験できました。勘に頼ったところもありますが、無事合格できて良かったと思います。
 老後は、主人と二人で不動産をやってみようと考えています。またいつか社会保険労務士にも挑戦してみたいです。
有水由紀子さん(アリミズユキコ)〔九州不動産専門学院No.2080860〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.119

 δさん

「用語さえわかればスムーズ」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (41) 福岡県福岡市西区
 不動産業をやっている友人の影響でこの資格に興味を持ちました。最初は、法律用語が分からず、外国語のようでした。それでも講義は休まず出席し、テキストからずっとやっていくと、だんだん分かってきました。用語が分かると、あとはスムーズに頭に入るようになり、試験の4ヶ月前からは、問題集を中心に勉強しました。こんなに勉強したのは、久しぶりですが、資格が取れる、頭を使うから老化防止になる、と一石二鳥だったようです。宅建(宅地建物取引主任者)
鈴木 隆さん(スズキタカシ)〔九州不動産専門学院No.2065000〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.117
取材:饤󥹥ᥤ..(平成2年1月号)

ʡĿさん

「農業から不動産業へ」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (51) 福岡県福岡市西区
 私は、農業を営んでいるのですが、農業用地が狭くなり、これから先、農業だけでやっていくのは困難だと思い、いろいろ考えた末、宅建の資格を取ることに決めました。先生の教えどおり勉強したことと最後の答練を受けたことが、合格の鍵になったのだと思います。すぐに独立開業は無理なのでこの資格を生かせるような仕事に就きたいと考えています。
福田信義さん(フクダノブヨシ)〔九州不動産専門学院No.2048890〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.116

ëさん

「将来の自分の為に」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (26) 福岡県福岡市西区
 仕事が、不動産業ということよりもこの資格が自分に役に立つと考え勉強を始めました。合格のポイントは、ひたすら覚えることだと思いますが、他にも、先生の説明が分かりやすかったこと、勉強時間をうまく作り出すことなどが合格へつながる大切なことでしょう。短い時間も有効に使い、夜仕事が終わった後5時間以上は勉強しました。この次は、インテリアコーディネーターをやってみようと考えています。
板谷俊明さん(イタヤトシアキ)〔九州不動産専門学院No.2071070〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.115

渶˭ɧさん

「定年後は不動産業へ」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (58) 福岡県福岡市南区
 現在、住宅ローン関係の会社に勤めているのですが、仕事上不動産会社に依頼する部分が多く、資格を持っていればそれを自分の会社でやれるので、資格取得を決心しました。
 講義は、仕事で1回欠席しただけであとは出席し、内容を録音して勉強しました。働きながら勉強時間をつくり出すことは難しいと思いますが、それでも1日1~2時間は、欠かさずやりました。また、単元毎のカードを作って通勤のバス中などでも勉強を続けました。
 この資格は、現在の仕事にも役立ちますが、定年後不動産関係の仕事をと考えているのでその時に役立つと思います。
中原豊彦さん(ナカハラトヨヒコ)〔九州不動産専門学院No.2069670〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.114

Ǽさん

「テキストから8割出題」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (40) 福岡県福岡市西区
 サラリーマンを辞めて、不動産業を開業するために、不動産会社に入ったので、この資格が必要となりました。
最初は、憶えるのが大変でしたが、講義をテープにとって車の中で聴いたりしました。これが結構身につきました。また講義は、要点をついていたし、テキストからも8~9割出ていたので学院に通って正解だったと思います。それに会社もとても協力的だったので合格へつながったと感謝しています。
 あと2年実務を積んで、不動産を開業したいと思います。
西納清忠さん(ニシノウキヨタダ)〔九州不動産専門学院No.2057950〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.113

ɼさん

「過去問をしっかりやれば大丈夫」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (31) 福岡県福岡市博多区
 仕事上必要なので、宅建を取ろうと思いました。笹田先生の講義は、おもしろくて分かりやすく楽しみでした。答練にも参加しましたが、本番ではパターンが違いとまどいました。でも、講義にきちんと出席し、過去問をしっかりやれば、合格できます。予習復習はしませんでしたが、講義で質問し徹底して疑問点を残さないようにしました。その甲斐あって合格できました。
 次は、2級建築士・土地家屋調査士を取る予定です。
井上栄治さん(イノウエエイジ)〔九州不動産専門学院No.2064510〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.112

𿭸さん

「ライセンスメイトで宅建に興味」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (27) 福岡県鞍手郡宮田町(現福岡県「宮若市」)
 もともと建築士を目指していたのですが、どうしても自分には向いていないと考え直して長いことライセンスメイトを読んでいました。そして不動産の方が似合っているのではと思い始め宅建に手をつけました。
 試験問題に慣れるために何度もくり返して問題を解きました。それで本番ではどこかで見たような問題にぶつかり助かりました。自分に合った道を見つけるのは困難ですが、私は不動産の方に進んで正解だったと思います。
牧草伸光さん(マキグサノブミツ)〔九州不動産専門学院No.2035930〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.111

 さん

「3回目の試験で一気に火がついた」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (35) 福岡県福岡市中央区
 業法の改正があったこと、そしてうちの会社に宅建主任者が1名だけでずっとその人任せになっていたことから、受験することにしました。学校に通うことの利点は、勉強のノウハウを知れること、“拘束”されること、それとお金がかかっていることです。
 家にいるとのんびりしてしまいますが、学校へ行くとおのずとがんばれます。それと私は、答練に参加したのですが、3回目にガタッと落ちたので一気にお尻に火がつきがんばりました。
 おかげで合格できました。この宅建の資格を取り、幅が広がりとても喜んでいます。
倉 公司さん(クラコウジ)〔九州不動産専門学院No.2022470〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.110

ƣさん

「先生の言われたとおり勉強すれば大丈夫」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (41) 福岡県宗像市
 もともと不動産の仕事には、興味を持っていましたが、受験したのは、これが初めてです。去年の11月に入学しましたが、講義は欠席したことはありません。民法の基礎から入り、3月ぐらいから本格的にテキストに入りました。答練には仕事で出られなかったので、問題集を4回くり返してやりました。勉強する習慣をつけ、講義をよく聴き、先生の言われたとおりに勉強すれば、まず大丈夫だと思います。
藤原孝一さん(フジワラコウイチ)〔九州不動産専門学院No.2061310〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.109

㹻さん

「先生の教え方が上手」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (62) 福岡県福岡市早良区
 今まで、いろんな資格を取ってきて、今度は、宅建を! と思って勉強を始めました。週1回の講義には、休まず出席しました。私は水曜日の午前と午後のコースに参加していましたが、教務の先生は教え方が良くて大変分かりやすい講義でした。復習して分からないところを、先生におききして理解していくよう努めました。
 いくつになっても、何かに挑戦するのは良いことですね。
花石禮子さん(ハナイシノリコ)〔九州不動産専門学院No.2067290〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.108

⸶Ϻさん

「勉強は早朝に」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (61) 福岡県大野城市
 3年前、会社の不動産部の担当になり、この資格が必要となりました。
 去年は、本が真っ黒になるほどラインを引いて丸暗記をしましたが、今年は、問題集を解いていきました。勉強も疲れて効率の悪い夜ではなく、朝4時から出勤するまでの時間を利用しました。私は現在60歳ですが、年齢は関係ないと思っています。確かに若い頃のような記憶力はなくても勉強する習慣をつけコツコツやれば、自然と自分の力になるものです。
 これから勉強される方は、どういうやり方が一番自分に適してるかを見つけ出すと良いと思います。
高原五郎さん(タカハラゴロウ)〔九州不動産専門学院No.2058630〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.107

ʿ۰さん

「追いこみでの先生の指導が効を奏す」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (22) 福岡県太宰府市
 周りの人にすすめられ、独学では、ピンと来ないだろうと、この学院に入学しました。先生の指示通りテキストと問題集をくり返しやりました。
 最初は、なかなか効果があらわれず、心配していましたが、最後の追いこみで先生が熱心に指導してくれ、今年、見事合格できました。家族の応援と先生方のご指導のおかげです。これから先大いに役立つと思っています。
下平陽一さん(シモダイラヨウイチ)〔九州不動産専門学院No.2062490〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.106

 さん

「短い時間を最大に利用」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (38) 福岡県福岡市東区
 試験に合格しないと資格は取れません。だからしっかり勉強しないとと思って始めたのですが、問題は、時間をどうやって作り出すかでした。昼間はほとんどできないので、電車の中や昼休みなどの短い時間を最大限に利用しました。そして過去の問題を重点的にやって勘を養い本番を迎えたのですが、その努力は実りました。
 今後、この資格を有効に使いたいと考えています。
太田 博さん(オオタヒロシ)〔九州不動産専門学院No.2037890〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.105

さん

「講義を聴くうちにだんだんと」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (30) 福岡県春日市
 仕事の関係上、宅建は持っていた方が良いと思って勉強を始めました。最初は、用語も分からないものが多かったのですが、講義を聴くうちに少しずつ分かってきました。
 試験本番では、かなりあせったけれど、学校へ通ったこと、問題を解いておいたこと勘が当たったことが、合格へとつながりました。
 主人が建築士の資格を持っているので、内装を手伝えるように今インテリアコーディネーターの勉強をしています。
古田博美さん(フルタヒロミ)〔九州不動産専門学院No.2071150〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.104

ӽͺさん

「兄が不動産業で私も」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (33) 福岡県福岡市東区
 兄が、不動産業をやっており仕事上必要だったので、資格取得を決めました。2月から始めたのですが、夜勉強するのはきつくて苦労しました。それで昼間でも、時間をみつけてやり、水曜日の講義の時に、分からないところを質問していきました。夜は問題集で応用力をつけました。
 今後、行政書士の方もやってみたいのですが、不動産の方がまだ日が浅いので、こちらをしっかり確立していきたいです。
木林秀雄さん(キバヤシヒデオ)〔九州不動産専門学院No.2065300〕
ライセンスメイト 平成2年1月号・・・No.103

ƣݹさん

「初心者、初学者でも安心して学べる全146回の充実カリキュラムで短期合格を実現しました」

司法(司法書士)  男 (35) 福岡県久留米市
 去年の夏からこの秋までの一年、とても長かったようでもあり、あっという間だったような気もします。大学を卒業したあと、普通に会社勤めをしていたのですが、この司法書士に挑戦するために、きっぱりと会社を辞め、勉強にとりかかりました。大学で法学を少しは勉強しましたが、初歩からやるつもりでいくつか学校をあたり、講義回数が多く、民法や商法を初歩から学べるということで、最終的に貴学院に決めました。家も飯塚から博多へと引っ越し、勉強をする、資格を取る、という心構えと環境を作り上げました。
 実際に勉強を始めたのは8月で、合格するための方法をつかもうと1ヶ月間は民法をひたすら読んでいました。9月に入り、学院の講義が始まり、時間のある時は出来る限り図書館に行き、そして6時からは学院で、また講義のない日は自分の計画した勉強をしていました。1日最低でも5~6時間位は勉強していたと思います。
 「途中で挫折しそうになったことは?」とよく聞かれますが、自分で考え、自分で決めた仕事に向かってスタートしたのですから、絶対に合格する、という気持を常に持っていましたし、やめようと思ったことはありませんでした。この資格を取るために、家族と話し合い、会社を辞め、引っ越しまでして学校に入ったのですから、そう簡単にあきらめの気持ちは生まれないものです。中途半端な考えではこの資格はとれません。こう書いていると、寝ても覚めても勉強しかしていないようですが、晩酌は続けましたし、睡眠時間もしっかりとっていました。人間はどうしても気分に波があるので、調子が下がっている時に無理矢理本を開くということはしませんでした。合格するぞ、という緊張感は常にありましたが、わりと自然体で、マイペースな時間の使い方ができたと思います。また、本番で自分の調子がピークになるようなセルフ・コントロールもできていたなと思っています。
 司法書士試験に合格するための勉強法は人それぞれあるのでしょうが、私の場合、過去問をくり返し解き、条文を暗記する、などということはせず、傾向をつかむことに徹しました。そして、頭で理解するというよりは、体で覚えるという感じでやってきました。合格した今、万全の準備で、やるだけのことはやったこの一年は、まちがってなかったと確信しています。
 これから先は、やはり独立開業をめざし、今年の暮れ頃からその準備を始めようと思っています。
藤井保幸さん(フジイヤスユキ)〔九州法律専門学院No.2055050〕
ライセンスメイト 平成元年12月号・・・No.102

 さん

「お金では買えない信用を手にして」

2造園(2級造園施工管理技士)  男 (39) 長崎県西彼杵郡長与町
 実は人から宅建をすすめられたのですが、もともと外柵関係の仕事をしていたので、これに関連する造園施工管理技士に挑戦することにしました。
 講義は最初の2回を除き、あとは全て欠かさず出席しました。私の場合、家が長崎なので朝早く車で出発し、片道3時間かけて通いました。時には時間の関係で、前の日から福岡入りをしたこともありました。こう書くと随分大変そうに聞こえるかもしれませんが仕事で福岡に行くことがちょくちょくあったので、この長い道のりを通うことに対してはほとんど抵抗はありませんでした。
 今、事務所に2級造園施工管理技士の合格証書を掲げています。この合格証書、現場で使うことはありませんが、お客様と契約を結ぶ時に、かなり信用を買っていただいております。資格を取るということは、知識を身につけると同時に、お金では買えない、人からもらうこともできない信用を得ることができるものなんだな、と実感しています。
 今後は、土木関係の勉強もしたいと思っていますが、忙しくてなかなか・・・。でもいずれは是非、挑戦したいものです。
大嶋 修さん(オオシマオサム)〔九州建設専門学院No.2056830〕
ライセンスメイト 平成元年12月号・・・No.101

⸶さん

「54歳にして合格、人生これから」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (55) 福岡県宗像市
 不動産業を始めるにあたって、まず宅建の資格を取ろうと思い、この学院に入学しました。
 学習の方法、ポイントは、1授業に必ず出席して講師の学習ポイントをよく聞くこと。2自分で重要ポイントを整理カードにまとめ、暗記しやすいようにすることを中心に、覚えては忘れ、忘れてはまた覚えのくり返しで、数字を確実に覚え、また、条文を読むことにより、知識を自分のものにすることができました。私の場合、テキストをまずマスターし、過去問題集を3回以上解き、そして学院のかかげる「継続は力なり」という言葉を信じ、10ヶ月間毎日勉強時間をつくり、コツコツやったのがよかったのでしょう。
 最後に試験当日の心構えをひとこと。1自信をもつこと、2問題に集中すること、3体のコンディションを最適にしておくこと、この3つはとても大切なことです。54歳で合格することができました。皆さんもどうぞ頑張ってください。
高原義正さん(タカハラヨシマサ)〔九州不動産専門学院No.2043710〕
ライセンスメイト 平成元年12月号・・・No.100

さん

「忙中閑有り、まず勉強時間をひねり出すこと」

1建(1級建築士・学科)  男 (33) 福岡県三池郡高田町(現福岡県「みやま市」)
 設計事務所に勤めている私にとって、1級建築士の資格を取ることは必須条件というようなもの。この手の仕事に従事している人の大半は、建築士の資格取得を目指します。しかし、国家試験の時期は、ちょうど一年で最も忙しい時なので、その年の1月位から勉強を始めた人でも脱落してしまうことが多いようです。結局、勉強する時間をひねり出すのが大変なのです。かく言う私も、これまで何回か受験しましたが、独学だとその範囲の広さに庄倒されてしまうのです。
 しかし今回は、貴学院に通い講義を受けることによって、受験のテクニックや、ポイントを学ぶことができました。忙しい忙しいといっている間は、時間をつくることもできず、いつまでたっても目標を達成することは無理だと思います。とにかく忙しくても毎日、10分、20分でもいいから勉強するクセをつけてやってきました。
 勝因は、貴学院に通ったこと、そしてこの勉強するクセをつけたことではないかと思います。
黒田正徳さん(クロダマサノリ)〔九州建設専門学院No.2061430〕
ライセンスメイト 平成元年12月号・・・No.99

似さん

「地道にやれば合格は向こうからやってくる」

1土木(1級土木施工管理技士・学科)  女 (42) 福岡県福岡市早良区
 土木関係の会社に勤めていたとはいっても、社内での私の仕事は経理事務。用語も全くわからない素人がいきなり1級土木を狙ったのですから、周りの人もさぞかし無鉄砲なと心配したのではないかと思います。
 私の周りは、コツコツ努力するタイプの人間が多く、その姿をいつも見てきた私としても、“地道にやるしかないな“と決心。とにかくテキストを丸暗記するくらい勉強しました。
 専門知識のなかった私がよく合格できたな、と思いつつ、やればできるものなんだな、と実感しています。あと、実地の方ですが、現場にも行ったことがないので、施工作文に不安が若干残っています。でも、せっかく学科の方は合格したのですから、来年の1月には、是非とも合格通知を受け取りたいものです。
 努力すれば、その分必ず得るものがあるのだ、ということを信じつつ、仕事に励んでいるこの頃です。
岩室真澄さん(イワムロマスミ)〔九州建設専門学院No.2069050〕
ライセンスメイト 平成元年12月号・・・No.98

̦さん

「通信コースでも確実な努力でラクラク合格」

測量補(測量士補)  男 (49) 佐賀県藤津郡嬉野町(現佐賀県「嬉野市」)
 測量士補をめざしたのは、土地家屋調査士の二次試験が免除されるというのが目的でした。仕事が地方公務員なので、深い知識が要求されるということもあり、早速受験することにしたのですが、住まいの関係上、通学が無理だったので通信コースをとりました。
 最初のうちは心細く、通学コースの方たちに段々遅れをとってしまうのではないか、と落ち込むことも度々でしたが、自分の能力を信じて、どんなに帰宅が遅くなっても必ずテキストには目を通し、最小限1問題は解くように心掛けました。
 本試験では出来が余りよくなかったので合格の通知を受けた時は“まさか“と自分の耳を疑ったものでした。通信コースでも確実に努力していけば、合格できるのだということを、今確信しています。
古川義巳さん(フルカワヨシミ)〔九州不動産専門学院No.2064590〕
ライセンスメイト 平成元年11月号・・・No.97

Ḷͺさん

「改めて勉強しなおそうと心に決めて」

測量補(測量士補)  男 (65) 福岡県嘉穂郡稲築町(現福岡県「嘉麻市」)
 昭和35年に土地家屋調査士の資格を取得していたのですが、そのまま生かすこともなく今日まできましたので、改めて勉強し直そうと思い測量士補に挑戦した次第です。
 県内唯一の通信講座が受けられるということを知り、貴学院を選んだのですが、学院より送付されてきた「測量士補試験必携」もカセットテープもわかりやすく助かりました。
梶原輝雄さん(カジハラテルヲ)〔九州不動産専門学院No.2053440〕
ライセンスメイト 平成元年11月号・・・No.96

 さん

「得意分野からスタート、自分流で試験にチャレンジ」

1土木(1級土木施工管理技士・学科)  男 (31) 福岡県福岡市南区
 仕事上どうしても1級土木の資格が必要になったため、どこかいい専門学校がないかパンフレットなどで捜していたのですが、貴学院に出向いた際、受付の方の親切な態度と丁寧な説明に大変好感を持ち、その場で入校の手続きをしました。
 試験まであまり時間がありませんでしたが、短期決戦の方が自分の性分に合っていましたし、集中してやれて、かえって良かったと思います。
 勉強のやり方は、自分の得意分野を最初に徹底してやりこなし、少し余裕が出てきたところで、残りの分野をコツコツとやっていきました。受験もやはり自分のペースでやるのが一番ですね。
小野 聡さん(オノサトル)〔九州建設専門学院No.2061020〕
ライセンスメイト 平成元年11月号・・・No.95

¼さん

「育児をしながらの受験、大変だったけど今とても充実しています」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (29) 山口県徳山市(現山口県「周南市」)
 嫁ぎ先が不動産業ということもあって、宅建取得をめざしたのですが、4ヶ月の子供をもち、時間もありませんでしたし、今更勉強しても無理だ、などと悩んだものでした。しかしできる限りやってみよう、と6月に思いきって入校しました。
 早速、テキスト、テープが送られてきたので、遅れをとってはいけないと思い、夜、子供を寝かせてからイヤホンで聞き、昼間は仕事の合間に問題を解いたり、ポイントを紙に抜き出して台所に貼ったりして覚えました。
 その甲斐あって合格しましたが、めまぐるしく変る法令や、法律以前の人間関係の大切さなど、奥深いものがあり、勉強するのはこれからだと思っています。
村瀬智美さん(ムラセトモミ)〔九州不動産専門学院No.2056570〕
ライセンスメイト 平成元年11月号・・・No.94

Ŀさん

「自分を信じて」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (25) 福岡県福岡市博多区
 不動産の仕事も4年めを迎え、そろそろ免許でも取ろうかと思い本試験の1ヶ月前から始めました。とにかく集中してテキストを憶え、問題集をくり返してやりました。いちばん大切なことは、勉強すれば合格できるんだと自分を信じる気持を持ち続けることだと思います。
倉田新一さん(クラタシンイチ)〔九州不動産専門学院No.2060410〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.93

±ʽさん

「人を雇うよりは自分でやりたかった」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (33) 福岡県嘉穂郡穂波町(現福岡県「飯塚市」)
 建築関係の仕事をしていましたが、不動産の分野まで手を広げることになり、人を雇うよりは自分でやろうと思い受験することにしました。
 仕事をやりながらの勉強なので、力試しのつもりで模擬試験に参加したのですが、この試験を繰り返すことで傾向と対策がつかめて、本当によかったです。
安永修吉さん(ヤスナガシュウキチ)〔九州不動産専門学院No.2060210〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.92

ܹさん

「模擬テストと解説がわかりやすかった」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (54) 福岡県福岡市博多区
 脱サラをして、電気機械のメンテナンスの会社を経営して20年、ここらで新しく分野の拡張をと、資格取得にチャレンジしました。
 学院の模擬テストや解説がわかりやすく、無事合格することができました。独学ではさぞ大変だったろうと思います。
山本康博さん(ヤマモトヤスヒロ)〔九州不動産専門学院No.2043010〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.91

さん

「ジョギングしながら暗記」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (48) 福岡県福岡市東区
 この資格は持っていた方が絶対有利と思ったのが受験のキッカケ。勉強は少なくとも1日3時間はやり、講義には欠かさず出席しました。それまでやっていたジョギングを続けたかったので、ジョギングしながらテキストの中のポイントを暗記したものです。
 それにしてもあんなに広い範囲を、独学ではとても勉強しきれなかっただろうと思います。やっぱり学院に通ったことは正解でした。
矢野宗宏さん(ヤノムネヒロ)〔九州不動産専門学院No.2057320〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.90

 さん

「毎日の勉強が大事」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (37) 福岡県嘉麻市
 宅建に興味を持って受験したのですが、なぜか現在、不動産とは関係のない仕事をしています。しかしいずれは宅建の資格を生かせる日がくると思っています。
 私の場合、勉強はテキスト中心にやり、問題集で間違った所はくり返してやるようにしました。現在受講されている方へ、1日30分でもいいから、とにかく毎日勉強を続けて下さい。
在田 誠さん(ザイタマコト)〔九州不動産専門学院No.2053840〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.89

ıさん

「受験は楽しい」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (31) 福岡県福岡市城南区
 親が不動産をしているので常々興味を持っていました。また、保険関係の仕事をしているので、この方にも宅建の資格が役立つかと思い勉強を始めました。それともう一つ、一度は自分自身の力だめしをしてみたかったから。
 予習・復習はもちろん、どんなことがあっても講義は休まないように心がけました。充実した日々を送れて、受験もまた楽しといったところです。
津田英澄さん(ツダヒデズミ)〔九州不動産専門学院No.2054070〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.88

ҲԢさん

「好きこそものの上手なれ」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (45) 福岡県福岡市早良区
 仕事をやるなら不動産関係の仕事をと思い、資格を取る勉強を始めました。テキストを中心に、絶対に合格できるのだという確信を持って、日々勉強に励みました。義務感からではなく、“自分がやりたくてやっているのだ“ という思いがまず大事だと思います。
片岡國博さん(カタオカクニヒロ)〔九州不動産専門学院No.2055590〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.87

⻳さん

「いよいよ建築会社を設立」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (41) 福岡県北九州市八幡西区
 去年宅建を受験し、今年6月22日に主任者証を手にしました。頑張った甲斐がありました。今までの経験や仕事、そしてこの資格も生かして、来年あたり、建設か建築の会社をつくろうと思っています。
そのために、現在は2級建築士の勉強をしているところです。
高山涼夫さん(タカヤマスズオ)〔九州不動産専門学院No.2046290〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.86

Ĺͧ辡さん

「プレッシャーに勝った」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (45) 宮崎県児湯郡都農町
 9月10日から受講を開始。試験までほとんど日がなく、あせりましたが、そのプレッシャーがかえってよかったように思います。講習を受けたらその日のうちに身につけ、毎日5~6時間、だいたい深夜2時ぐらいまでやりました。
 しかし試験の前日には、全く勉強せずコンディションを整える方に気を遣いました。これは大事なことだと思いますよ。
長友壽勝さん(ナガトモヒサカツ)〔九州不動産専門学院No.2054610〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.85

さん

「転職をきっかけに」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (35) 福岡県糟屋郡篠栗町
 長年勤めた銀行を辞め、不動産業へ移ったのをきっかけに、この資格を取ることにしました。7月からスタートしたのですが、先生の言うとおり問題集を何度もやったことが合格へつながったのだと思います。どこに何がのっているか今でも覚えているくらいです。おかげでその知識が仕事に役立っています。
中野勝義さん(ナカノカツヨシ)〔九州不動産専門学院No.2057780〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.84

˭Ĺさん

「将来独立が夢」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (34) 福岡県太宰府市
 不動産の仕事をしていますが、将来独立をという夢があり受験しました。そんな思いがあったので合格できたと思います。資格を取った今、仕事にも自信が出てきました。次は2級建築士も取るつもりです。
豊田康秀さん(トヨタヤスヒデ)〔九州不動産専門学院No.2054440〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.83

ڹさん

「会社の業務拡大で受験を決意」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (34) 福岡県糸島市
 測量関係の会社に務めていますが、会社が将来不動産にまで分野を広げるということで受験しました。テキストで勉強中、少しでもわからない所があれは即、講師に質問して解決するように心がけました。これがよかったと思います。今では法令が仕事の面で役立ち助かっています。
黒土康充さん(クロツチヤスタカ)〔九州不動産専門学院No.2034040〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.82

 さん

「宅建業法を完全に記憶」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (26) 宮崎県宮崎市
 権利関係は、民法の条文を何回も読み、意味を理解することが一番。上べだけだとすぐ忘れるし、他の条文と混同してしまいます。宅建業法は、民法や法令に比べるとわりに簡単ですので、私はこれを完全に記憶しました。時間はかかってもこれが一番確実なやり方だと思います。ご参考までに。
成松 茂さん(ナリマツシゲル)〔九州不動産専門学院No.2061220〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.81

ľさん

「仕事と通学の両立は可能」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (25) 福岡県大野城市
 仕事の関係で通学はかなり難しかったのですが、そこは“絶対に資格を取るぞ”という意気込みで、うまく両立させました。私の勉強のポイントは、まず講義は休まずに出る、そして問題集をくり返し解く、これに尽きます。
原田譲二さん(ハラダジョウジ)〔九州不動産専門学院No.2053640〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.80

ʹさん

「学院に通って幸運」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (28) 福岡県福岡市城南区
 宅建には全くの素人でしたが、学院に通ったことは私にとって幸運でした。要点を絞り込んだテキストと問題集は大変わかりやすく、繰り返し読むうちに理解も深まってきました。
 私の場合、夏の暑い時少し頭を休め、9月からラストスパートをかけるやり方で、見事合格を射止めました。
松永浩一さん(マツナガコウイチ)〔九州不動産専門学院No.2054680〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.79

ܻ さん

「自分なりにノートを工夫」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (38) 福岡県飯塚市
 会社の人から“受けてみれば”といわれ、それでは、と始めたのですが、つくづく勉強しなければ合格できないという、あたりまえのことを身にしみて感じました。とにかく講義中は自分なりの工夫でノートをとり、模擬試験の問題をくり返しやったことは間違いなかったと思います。
小宮山 強さん(コミヤマツヨシ)〔九州不動産専門学院No.2052190〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.78

Ȭƣݤさん

「二児の母親でも大丈夫」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (33) 福岡県福岡市中央区
 宅建の受験をするに当って、最初は不安でいっぱいでした。それでも、仕事上どうしても欲しい資格なので学院にお世話になることにしました。
 二児の母親でもあり大変でしたが、子供が寝静まったあと、テレビの画面のあかりで毎日1時間以上勉強しました。そして合格した今、私は営業ウーマン一年生として大いに頑張っています。
八藤丸きく子さん(ヤトウマルキクコ)〔九州不動産専門学院No.2058520〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.77

さん

「あなどりは禁物」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (43) 長崎県諫早市
 不動産業の会社を経営している関係で受験したのですが、実際の仕事と試験とはかなり違うことにまずびっくり。それでも、朝2時に起きて仕事に就くまでの間、懸命に勉強しました。試験には、問題集にのっている問題はもちろんですが、テキストの欄外にあるような細かい注意書きなどがよく出ていたようです。あなどりは禁物。テキストは細かくチェックしましょう。
寺尾勝弘さん(テラオカツヒロ)〔九州不動産専門学院No.2055820〕
ライセンスメイト 平成元年10月号・・・No.76

ɳ さん

「学生時代こそ資格を取る最高のチャンス」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (20) 福岡県筑紫野市
 僕は今学生なのですが、この時間のある学生時代を有効に利用しようと思い、現在宅建の資格を取るために勉強しています。
 どうして“宅建”なのかというと、これだけの知識を身につけるということは、自分自身にとって役に立つだろうし、卒業後の就職にも有利だと考えたからです。実は去年から勉強はしているのですが、残念ながら受験できなかったので、今年こそはと決意を新たに、再度学院のお世話になっています。
 日曜コースに通っている僕の勉強法は、次の講義までの1週間、毎日1時間ずつ復習すること、そして、プレッシャーを与え自分を土壇場に立たせるために友達と賭けをしておくのです。つまり“不言実行”ならぬ“有言実行” というわけです。
 学生であるだけに、どうしても外からの誘惑に負けそうになることもあるのですが、なんとしても今年こそは合格して、新たな飛躍の第一歩にしたいと思っています。
伊良皆 均さん(イラミナヒトシ)〔九州不動産専門学院No.2055070〕
ライセンスメイト 平成元年9月号・・・No.75

さん

「夢に向かってまず第一ステップ!」

インテ(インテリアコーディネーター・一次二次)  女 (32) 鹿児島県鹿児島市
 私は“人と話す”仕事をしていて、コーディネーターも、やはり人と接し、話すものだと思い、この資格を取ることにしました。
 九州建設専門学院を選んだのは、テキストの内容も場所もいいし、何といっても、ビデオを使わない講義をされていることが気に入ったのでした。
 今私は、転職して建築事務所に勤めていますが、インテリアコーディネーターの資格を持っていることで出来る仕事にはやはり限度があります。それで、更に一歩進むために、いずれは建築士の資格を取りたいと考えています。
 現実は厳しいものです。資格を持っているというだけではなく、本当にその資格を生かすために、他のどんなことでも勉強し、吸収すべきです。この姿勢でこれからもやっていきたいと思います。
西窪美智代さん(ニシクボミチヨ)〔九州建設専門学院No.2047490〕
ライセンスメイト 平成元年9月号・・・No.74

Ĥさん

「可能性をもっと広げてみたくって」

2土木(2級土木施工管理技士)  女 (25) 福岡県田川郡糸田町
 受験の動機は、家が請負業をしていることもありますが、女性だって土木業に進出してもいいじゃないかと思ったからです。
 土木といえば男性の分野、女性の出る暮じゃないと思われがち。「だったらそんな中で男性を見返してやろう」という気持ちでこの学院に申し込んだのでした。
 しかし、現実はそんな甘いものではありませんでした。専門用語も全くわからない、でもそんな中でも1日6時間の講義を受けると、かなり身につくもの。日毎にだんだん自分の力になっていくような気がしました。
 やっぱり、初めからあきらめないでチャレンジし続けることこそ大切なのだと思います。
私も受講し、学んだことを少しでも家の事業や私自身のために役立てていきます。合格の結果はもうしばらくで不安もありますが、私がここで学んだことは決して無駄にはならないはずです。
太田ちほさん(オオタチホ)〔九州建設専門学院No.2063330〕
ライセンスメイト 平成元年9月号・・・No.73

ɧさん

「三段方式が学習の基本」

測量補(測量士補)  男 (50) 福岡県久留米市
 昨年7月25日の合格発表の折には、学院からも合格通知の電報を受け取り、大いに喜んだものでしたが、今思うと随分向こう見ずの挑戦だったなと、冷汗の出る思いがします。全くの素人でしたし、測量士や測量士補の仕事内容はなんとなくわかっていたものの、いったいどんな勉強をすればいいのか全く知らずに始めたのですから。
 きっかけは土地家屋調査士の友人からの勧めです。友人の話によると、土地家屋調査士の資格を取得するには、二次試験が免除される測量士補を取得しておく方が早道だ、ということで“よし俺も”と決心した次第です。まさに50の手習いですが、ここで一度物事にチャレンジしてみるのも悪くないと思いました。
 私の学習法ですが、物事にはすべて順序があるように、まず大きく体系をつかみ、次に根幹部に肉をつけ、それから枝葉に及ぶという三段方式を忘れてはいけないと思います。あとは覚え込むだけですが、若い人のようには記憶力もありませんから、ただ繰り返し繰り返し学習することだけです。
 どうにか合格できましたが、私の場合、先生方の要点をおさえた指導が大変大きな威力となりました。今後は一度決心した土地家屋調査士にチャレンジするつもりです。その折はまたよろしくお願いします。
上野末彦さん(ウエノスエヒコ)〔九州不動産専門学院No.2046890〕
ライセンスメイト 平成元年9月号・・・No.72

ʡ さん

「受験生の子供と励まし合って」

2建施(2級建築施工管理技士)  男 (43) 佐賀県伊万里市
 資格を取ろうかどうしようかと、随分迷いましたが、回りの「男なんだから思い切って挑戦してみないか」という言葉で決心しました。
 佐賀から学院まで毎週通うのは、はっきり言って大変でした。おまけにどうしても仕事を休まざるを得ないこともあり、同僚に対する気がねもあったものです。しかし、一度やり始めたことを途中でやめてたまるかという気持ちでやり抜きました。ちょうど子供も受験生だったということもあり、お互い励みになったということも、最後までやり通せた原因の一つでしょう。計らずも、父親が必死になって勉強している姿を子供に見せることができ、よかったなあと思っています。もう一つ、先生との相性が良かったということも落後せずに済んだ大きな要因と言えるでしょう。
 これから先、まだまだ苦労は多いでしょうが、この資格を生かして、将来は自分の看板を挙げたいと思っています。
福島 昇さん(フクシマノボル)〔九州建設専門学院No.2053510〕
ライセンスメイト 平成元年8月号・・・No.71

ⶶ さん

「数学が不得意でも大丈夫ですよ」

測量補(測量士補)  男 (36) 福岡県福岡市博多区
 測量士補を受けようと思ったのは、将来土地家屋調査士の資格を取得する際、測量士補を取っていれば二次試験が免除されるからです。もともと、数学は不得意中の不得意で、サイン、コサインなんて、記憶の片隅にもありませんでした。
 昨年の試験は従来の傾向とかなり変わっており、合格発表の日まで落ち着かない毎日でしたが、どうやら合格することができ、とてもラッキーでした。学校に行かず独学だったら多分合格していなかったと思います。
 現在は、目標にしている土地家屋調査士の受験のため、司法書士事務所で補助をしながら細々と勉強しています。何年かかるかわかりませんが、将来は現在の事務所で土地家屋調査士として独立したいと思っています。
高橋 貢さん(タカハシミツグ)〔九州不動産専門学院No.2044470〕
ライセンスメイト 平成元年8月号・・・No.70

ߥëさん

「人の勧めにはのってみるものですね」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (27) 福岡県福岡市早良区
 昨年、主人の父親から宅建の資格を取るようにいわれ、宅建の“た”の字も知らないまま、勧められるまま通学し始めたのですが、入校するなり、自分の軽率さをつくづく後悔したものでした。とくに、最初の1ヶ月位は、用語ひとつとっても耳慣れぬ言葉ばかりで、授業の内容が全然のみ込めませんでした。昼間は仕事をし、夜は夜で家庭の用事をやり、それから勉強をするなどということは、意志の弱い私には容易なことではありませんでした。しかし、とにかく講義だけは欠席しないように努めて通いました。
 8月に入ると、回りの生徒さんの雰囲気にも緊張感が感じられ、それで私自身も“頑張らねば”と思い、暇をみつけては本を開くことに努めました。なかでも問題集は集中的にやりました。
 本当に大変でしたが、今思い出せば、毎日がとても充実していたように思います。何もわからなかった私が、短期間で合格にこぎつけられたのも、ひとえに先生方のご指導のおかげだと思っています。また何かを掴むには、自分自身が一所懸命努力することだということを改めて実感したものです。
 久しぶりに学生気分を味わうこともできましたし、学校に通って本当に良かったと思っています。人の勧めにはのってみるものですね。
梅ヶ谷正子さん(ウメガタニマサコ)〔九州不動産専門学院No.2056000〕
ライセンスメイト 平成元年8月号・・・No.69

Żさん

「資格取るならなるべく若いうちに」

測量補(測量士補)  女 (23) 福岡県北九州市小倉北区
 大学で法律の勉強を多少やったので、それの力だめしと思って行政書士を受けることにしました。本格的に勉強を始めたのが8月下旬とおしせまってからで、短期決戦でしたが、テキストの重要箇所を別のノートにまとめ直したり、問題集をくり返しやって力をつけました。たくさんの本より1冊をくり返す方が絶対よいです。また、一般常識は主に国語の漢字が正確に読めるように勉強しました。理数は高校のときの知識でなんとかなると思ってノータッチ。社会も同様にあまり手をつけなかったのですが、本書で時事問題がほとんどできず、これには焦ってしまいました。そこで教訓、その年に起った大きな政治問題などは、ある程度下調べをした方がよいと思います。
 今回試験を受けてつくづく感じたことは、このような国家試験はなるべく若いうちに取った方がよいということです。というのも、一般常識はもちろん、他の科目も高校生くらいの知識でとれる問題が多いからです。私の場合、模擬試験もそんなによい点がとれていたわけではありませんでしたが、完璧をめざすより、コンスタントに7割程度の問題が解ければよい、と考えて実行したことが勝因だったのではと思っています。
山本理津子さん(ヤマモトリツコ)〔九州不動産専門学院No.2044930〕
ライセンスメイト 平成元年8月号・・・No.68

ļさん

「資格を取ってからますます感じた勉強の必要性」

下水2(第2種下水道技術検定)  男 (33) 福岡県福岡市西区
 私の場合は会社の者から勧められて、まず62年に第2種、63年に処理施設を受験した次第です。受験勉強は、本屋で買った練習問題を中心に、毎日2~3時間くらいはやりました。参考までに申し上げますと、下水道事業団から出版されている1)管理指針、2)設計指針、3)除外施設の3冊のテキストを中心にやりました。なお、水質の問題も現在出題されていると聞いておりますので、その方面の勉強もされた方が良いと思います。
 貴学院の方でやられている模擬テストの件ですが、できたら、もっと数年分の練習問題を数多く取り入れて欲しいと思いました。お陰様で資格は取れましたが、実務面ではまだまだ難しい問題が多く、これからも勉強の必要性を感じております。
野田次夫さん(ノダツギオ)〔九州建設専門学院No.2041200〕
ライセンスメイト 平成元年7月号・・・No.67

жɧさん

「車の中は最高の勉強部屋」

測量補(測量士補)  男 (46) 福岡県筑紫郡那珂川町
 私は車で通勤しているので、車の中をフルに活用して勉強しました。朝4時に起きて出社するまでは自宅で勉強しますが、その後早目に会社に到着し、会社が始まるまでの間(約1時間)、車の中で勉強したわけです。さらに、昼食後も車の中で30分程、必ずテキストに目を通しました。車の中は集中できるので、けっこう勉強がはかどるのです。夜は、仕事で疲れていますので、なかなか勉強できませんでしたけれども、それでも30分~1時間はやりました。もちろん、時間がとれる休みの日は、ほとんど1日中机に座っていました。というのが私の受験勉強のスケジュールですが、なんといっても、一番勉強したのが車の中。騒音も気になりませんし、いいですよ。
 次の目標は土地家屋調査士ですが、またもや、車の中が勉強部屋になりそうです。
石橋信彦さん(イシバシノブヒコ)〔九州不動産専門学院No.2040960〕
ライセンスメイト 平成元年7月号・・・No.66

ƣ さん

「好物の酒も減らして合格をめざす」

1土木(1級土木施工管理技士・学科実地)  男 (46) 福岡県糟屋郡篠栗町
 私の勤めている会社は、土木工事業、舗装工事業、管工事業の許可を受けて営業をしていますが、今回の法改正にともない、技術資格者が不足したため、私が国家資格取得に名乗りを上げました。年が年ということもあり、まず講習日には1日も欠かさず出席することを目標に頑張ることとし、夜は好物の酒の量も少々減らしました。そして毎日練習問題に目を通すことを決め、受験勉強を始めましたが、思うようにいかず、途中で挫折しそうな時もたくさんありました。
 しかし、貴学院の「継続は力なり」の言葉と各先生方の指導のお陰で、どうにか合格でき心から喜んでいます。
佐藤 来さん(サトウキタル)〔九州建設専門学院No.2046050〕
ライセンスメイト 平成元年7月号・・・No.65

ðさん

「オリジナルテキストでコツコツ勉強」

1土木(1級土木施工管理技士・学科実地)  男 (35) 熊本県玉名市
 1級土木を独学では無理と思い、通学しました。勉強方法としては、とにかく先生の言われた箇所を重点的に勉強しました。つまり授業で先生がテキストの重要箇所を指摘されますので、それをメモに取り、帰ってから何度も反復、復習しました。また、通学する時間も1時間以上ありましたので有効に利用しました。テキストはあくまでも学院指定のオリジナルテキストを使用し、これを毎日少しずつでも勉強するという姿勢が良かったと思います。コツコツと勉強したつもりです。そして幸運にも私が受験した時の試験問題がかなり容易でしたので、合格することができたと思います。
 とにかく、日曜日に通学することで、自分に課した勉強の張りというか、やる気が出てきたと思います。ともかく、合格できたのも学院の先生達のおかげであると思います。ありがとうございました。
西田眞一さん(ニシダマサイチ)〔九州建設専門学院No.2052050〕
ライセンスメイト 平成元年7月号・・・No.64

ıさん

「不得意分野に力を注いでみごと合格」

2建施(2級建築施工管理技士)  男 (51) 大分県大分市
 資格取得のきっかけは、建設業法が改正になり、各現場毎に資格者の常駐が義務づけられたことで、他の社員への啓蒙の目的もありました。たまたま、会社の総務を担当している者から、貴学院の案内パンフレットを見せられ、通信教育講座を受講することにしました。
 送ってもらった資料やテープを参考に、毎日勉強しましたが、仕事を終えて夜遅く始めますので、眠気と戦う方が大変でした。学習のポイントとしては、自分の得意の分野は復習程度とし、不得意分野に力を注ぎました。とにかく参考資料を3回は読み返し、理解不足や記憶してない部分を埋めていきました。
 やっと2級に受かりましたが、年齢による特別措置が今年限りとの事ですので、講習会で一段と勉強し、是非1級の資格を取得し、業務遂行や、今後の自分の人生に活かしたいと思います。
吉田英明さん(ヨシダヒデアキ)〔九州建設専門学院No.2058000〕
ライセンスメイト 平成元年6月号・・・No.63

 ͵さん

「合格はホールインワンの気分」

2建施(2級建築施工管理技士)  男 (46) 山口県宇部市
 行政によって2級建築施工管理技士資格が義務づけられた為、一昨年やむなく第1回目の挑戦をしました。先に親父が年齢と経験年数による優遇で簡単に取得できたので私も軽い気持で受験したんですが、みごと惨敗。試験の内容は広範囲で、つくづく勉強不足を感じました。そして昨年、これが最後という思いで再挑戦。
 独学ではなかなか困難だと悟り、手元に届いた貴学院の案内書を見て早速福岡まで月に2~3回、日、祝日に通うのは大変でしたが、今年こそという気持で頑張りました。なんとか受験にこぎつけましたが、合格発表まではソワソワ、イライラ。
 しかし、貴学院から“オメデトウ”の電報が届いた時は、ゴルフでホールインワンを出した時はこんな気持だろうなあと一人悦に入ったものでした。家族も大喜びで息子から“やったネ”といわれた時は本当に嬉しかったです。人間努力すれば何とかなるものですね。
大浜 裕さん(オオハマヒロシ)〔九州建設専門学院No.2052360〕
ライセンスメイト 平成元年6月号・・・No.62

Ųさん

「勝因はポケットメモ反復法にあり」

行政(行政書士)  女 (23) 福岡県久留米市
 行政書士を受験するにあたって、勉強法をどうするか、かなり迷いました。通学時間がかかるので、通信講座にしようかとも思ったのですが、情報を入手しにくいことや、挫折しやすいことなどを考え、通学することにしました。そこで、新聞と電話帳で数校に問い合わせましたが、しつこく質問したにもかかわらず、丁寧に応えてくれた貴学院に決めました。
 講義に合わせて予習、復習をする以外には、特に勉強時間を決めず、先生の書かれた図や問題などを小さなメモ用紙に書き、常にポケットの中に入れておくなどして手元におき、時間が少しでも空けば、それを見て覚えるようにしました。また、朝起きてすぐと、夜寝る前は必ず問題を解くことを習慣づけました。このようにして、1日ぼうっとしている時間がないくらいに、とにかく問題に接し、頭の中で反復してきたことが合格に結びついたのではないかと思っています。
古賀瑞枝さん(コガミズエ)〔九州法律専門学院No.2057590〕
ライセンスメイト 平成元年6月号・・・No.61

ɧさん

「いつかは開業を!それが私の夢です」

行政(行政書士)  男 (49) 福岡県大野城市
 現在私は、情報処理関係の仕事に従事しています。高齢化社会が進むなか、私自身もそろそろ50歳を迎えるということもあり、何か将来とも役に立つ資格をと考えて行政書士を受験することにしました。
 貴学院を選んだのは、61、62年と、私の家内が貴学院で宅建主任の講義を受け合格したのを目のあたりにしたからです。
 ところが、受講を始めてみると、私自身法律の知識はなく、毎講義前に実施される15分間テストも不出来で、これは大変なことに首を突っ込んだものだと思いました。しかし、そこで挫けてはもともこもありません。学院で与えられた教科書を、とにかく、くり返しくり返し勉強しました。さらに、新聞の社説は必ず読み、これはと思う記事は切り抜きファイルし読み返しました。私の年齢になりますとすぐ物事を忘れてしまいますので、くり返し反復学習することにより、頭にたたき込む以外ありません。受験用の参考書類も多数発行されていますが、私が学院のオリジナルテキスト以外で購入したのは、“これだけ過去問チェック“と、“行政書士受験六法“です。おかげ様で一回の挑戦で合格することができました。
 これからは、法律の力が劣えないよう、行政書士の実務に関する勉強を続けながら、機会があれは 開業にこぎつけたいと思っております。
浦部秦彦さん(ウラベヤスヒコ)〔九州法律専門学院No.2051100〕
ライセンスメイト 平成元年6月号・・・No.60

滳 さん

「脱サラをめざして」

行政(行政書士)  男 (55) 福岡県北九州市八幡西区
 かねがね、サラリーマン生活をやめて、停年がなく、独立できる仕事がしたいと考えていました。勉強するとしたら通信教育よりも、通学コースをと考えていた折、新聞の広告で貴学院の存在を知り、訪問して説明を受け、入校を決めました。その時点では司法書士を受講するつもりでいましたが、貴学院のすすめもあり、まずは行政書士を受講することにしました。
 学習のポイントとしては、1講師の指導方針に沿って学習する。2目的を明確にして、強い意志を持続する。31回で合格するよう短期決戦の構えをとる。4ライセンスメイトの合格体験記等を参考にして、自分の生活スタイルに即した勉強方法で学習する。5日常生活の出来事を合格に結びつくようイメージする。
 現在、今年7月に社労士の資格を取得するために頑張っています。 
中山 茂さん(ナカヤマシゲル)〔九州法律専門学院No.2050640〕
ライセンスメイト 平成元年5月号・・・No.59

さん

「忘れられない晴れやかな実感」

1建施(1級建築施工管理技士・学科実地)  男 (33) 福岡県山門郡三橋町(現福岡県「柳川市」)
 私は自営で土木と建築の仕事をしていますが、この度の建設業法の一部改正により、専任技術者の設置が必須となり、1級建築施工管理技士の資格を取得しなければならないということになりました。幸い昨年2級建築施工管理技士の資格を取得しており、試験勉強の記憶がまだ少しは残っていましたが、昼間の仕事を終えた後での勉強は辛いものでした。自分自身の中で、合格した暁の満足感と優越感を思い浮べる反面、試験を諦めて現実の苦しさから逃れたいと思う意志の挫けが幾度かありました。しかし、それを乗り越えて合格した今は、晴れやかな充実感に満ちています。
 私の体験でいいますと、学習のポイントは講師の先生の指摘される重要点を確実に覚えること。その為には、反復して勉強することが大切だと思います。数値を覚えることは大変煩雑でしたけど、繰り返し紙に書き、ひとつ、ひとつ確実に覚えるようにしました。人それぞれ勉強の仕方は違いましょうが、毎日少しずつでもテキスト及び問題集を反復しながら勉強する、この一語に尽きると私は思います。
 今後も他の資格に挑戦して、また晴れやかな充実感を味わいたいと思っています
中川浩二さん(ナカガワコウジ)〔九州建設専門学院No.2059200〕
ライセンスメイト 平成元年5月号・・・No.58

さん

「ただ合格だけを信じて」

行政(行政書士)  女 (26) 福岡県八女郡黒木町(現福岡県「八女市」)
 学生の頃から行政書士に興味がありましたが、嫁ぎ先もこの関係の仕事をしておりましたので、仕事の内容もよくわかり、ますます行政書士に魅力を感じ資格を取ろうと思いました。
 合格するためのポイントは、まず必ず1回で合格するという心構えだと思います。1日のうちたとえ30分でも集中して毎日続けることです。私の場合だらだらとした勉強の結果2度も失敗しているので、学院に通いはじめた昨年の6月からの5ヶ月間が、本当の意味での受験勉強期間でした。一般常識は学院で配布される小テストを暗記するほど何度もくり返せばほとんどカバーできると思います。法令においても過去問題にどんどんぶつかって、そこから条文を把握していけば、案外今までわからなかった条文が見えてきます。試験前になると模試の点数を気にしたり、不得意な科目が気になったり、不安がつのりますが、ただ合格だけを信じて勉強を続けていけば必ず合格できると思います。私にとって、この合格体験は大きな自信となり、これからのジャンプ台になりました。
 これからも自分の可能性を信じて、次の資格にチャレンジしたいと思っています。最後に学院の皆様、ご指導して下さった先生方、本当にありがとうございました。
樋口好枝さん(ヒグチヨシエ)〔九州法律専門学院No.2057480〕
ライセンスメイト 平成元年5月号・・・No.57

さん

「老婆心ながら若者にひとこと」

1建施(1級建築施工管理技士・学科実地)  男 (66) 福岡県福岡市南区
 道路舗装会社に嘱託として勤務しているのですが、今後は低階層の建築も手がけていきたいということで、建築施工管理技士を受験するよう社から要請がありました。ところが、社の意図に反して受験希望者はほんのわずか。そこで私は、人生の最後のチャレンジとばかり挑戦してみることにしました。勉強は老化防止に役立ちますし、若い人に対する手本になればなお幸いです。建築に関しては素人ですから、貴校は格好の機関と感じ入校しました。
 実際受講してみると若い時と違って記憶力が劣ること、体力に粘りがないこと、経験が少ないため専門用語と実物との関係をはっきりとつかめないことなどに苦労しました。
 なんとか合格できましたが、これからは建築現場に足を運び資格に恥じないよう勉強したいと思います。若い人に対してひとこと。資格は若いうちに。また、制度ができたばかりの頃が取りやすいので早目に、と老婆心ながら申し上げたいと思います。
久保末吉さん(クボスエヨシ)〔九州建設専門学院No.2052920〕
ライセンスメイト 平成元年5月号・・・No.56

さん

「今後の資格取得に意欲満々」

行政(行政書士)  男 (27) 佐賀県佐賀市
 今から約3年前に、仕事でカーラジオをつけて運転中、人生相談の番組が耳に止まりました。相談相手は、離婚した若い婦人で子供一人かかえて、「今後の生計をどうしたらよいのでしょうか」という質問でした。すると、そのカウンセラーが「あなたもまだ若いし、宅建を勉強して不動産業を開業したら…?」というアドバイスでした。その時自分も2年程前、不動産業の社長さんから「学費は出すから、宅建を勉強して我社へ来い」と誘われていたことを思い出しました。その頃は、国家試験なんて自分に取得できるわけがないと思っていたのですが、ラジオのカウンセラーが、幼い子供を育てている婦人に勧めているくらいだから自分にも、という気になりました。
 それから、すぐ近くの宅建の学校に入学し、1日約3時間、日曜は8時間位勉強し、1回で宅建に合格しました。それで意欲が湧き、政治等に興味をもっていたので行政書士の通信講座に申込み、一所懸命勉強しました。しかし、その年の行政書士の試験はあいにく不合格でした。
 そこで、やはり通信教育では疑問が多くある為、学校へ行こうと決めましたが、佐賀では学校がなく、貴校にお世話になることにしましたおかげで、疑問点も授業で解消し合格証を手にすることが出来ました。
 今後、日本は高齢化社会に向いますし、時勢に応じた社会保険労務士を目指したいと思っています。
坂口浩通さん(サカグチヒロミチ)〔九州法律専門学院No.2050690〕
ライセンスメイト 平成元年4月号・・・No.55

 δさん

「内容の或る学習が合格への早道!」

1土木(1級土木施工管理技士・学科実地)  男 (29) 山口県下関市
 1年前から1級土木施工管理技士を受験しようと思い、独学でやっていました。しかし、仕事に追われ集中して学習することができなくなりました。そんな時、貴学院の受講募集を知り、働きながらでも勉強できるということで入講を決意しました。
 仕事の疲れからか、講義中にいねむりをすることもあり、帰宅して復習に励んだものです。それは過酷なものでした。この時ほど、時間が欲しいと思ったことはありません。私がおすすめする学習のポイントとしては、予習・復習はもちろんですが、まず講義に全回出席することが大事です。そして問題集をくり返し何度もやることです。このように、独学より直接講義を受講し、内容のある学習をすることが合格の早通だと思います。おかげで1回で合格でき大変嬉しく思っております。今後は、建築士や管工事施工管理技士に挑戦したいと考えています。
槇野 隆さん(マキノタカシ)〔九州建設専門学院No.2047680〕
ライセンスメイト 平成元年4月号・・・No.54

さん

「2度目のチャレンジで合格獲得!」

行政(行政書士)  女 (30) 福岡県北九州市八幡西区
 私が行政書士の資格を取得しようと思った動機は、本当に単純なものでした。雑誌を見ていて、女の人でも定年もなく頑張れる仕事なんだなと安易に思い、通信講座を受ける手続きをしました。ところが意志の弱さと根性のなさで、当然のごとく挫折してしまいました。それで結局諦めていたんですが、兄が九州不動産専門学院の宅建主任者の講座を受けるようになり、その兄に推められて私も貴学院に通うことに決め、もう一度チャレンジすることにしました。
 しかし講座を受けてみると、私には本当に難しいものばかり。範囲も広大で まえ所がなく愕然としてしまいました。でもここで挫けてはいけないと奮起し、講座には必ず出席するようにし、解らないところは恥ずかしがらず質問するようにしました。先生はその質問に親切丁寧に解りやすく答えてくださいました。途中焦ったりイライラしたりしましたが、最後まで諦めなかったことが合格につながったように思います。
 次は宅建主任者を目指します。また学院にお世話になるつもりですので、よろしくお願い致します
田中明美さん(タナカアケミ)〔九州法律専門学院No.2053200〕
ライセンスメイト 平成元年4月号・・・No.53

さん

「“継続は力なり”を励みにして・・・」

行政(行政書士)  男 (63) 福岡県久留米市
 最初に私の如き大正生まれの者に栄冠を獲得すべく懇切丁寧にご指導いただいた高橋龍雄先生に対し、本紙上を借りて厚く御礼申し上げます。
 受講の動機は、調査士の勉強中、行政書士免許の重要性を痛感したことと、本試験の合格率が比較的高かったからです。昭和62年に初めて受験してみて、通り一遍の勉強では合格は無理ということがわかった折、丁度新聞で貴学院がこの講座を開講していることを知り、お世話になった次第です。
 学習のポイントとしてはテキスト以外に先生から配布してもらったプリントが役立ちました。例えば最もカンどころをつかみえない行政法関係では公務員試験問題を配布してもらったり。また、「継続は力なり」の貴学院のスローガン通り、1日も欠かさず勉強した賜と思っております。
 最後になりましたが、学院長、事務職員一同の方々にお礼を申し上げますと共に、貴学院の益々のご繁栄をお祈りいたします。
酒井正男さん(サカイマサオ)〔九州法律専門学院No.2056150〕
ライセンスメイト 平成元年4月号・・・No.52


Back to Top