合格体験談 平成16年4月~平成17年3月

ܹさん

「会社負担が良いプレッシャーに」

1管(1級管工事施工管理技士・実地)  男 (33) 熊本県熊本市
 仕事上必要な資格で、2級は以前に取得していました。受験資格に達したので、去年1級の学科試験を独学で受験し合格したのですが、実地試験で不合格。現場での実務経験がないため、独学では無理でした。試験会場で九州建設専門学院のアンケートに応えていたので、よく案内書は届いていました。今年が最後で、どうしても合格したかったので、貴校に入学しました。実は会社が負担してくれたのですが、それが却ってプレッシャーでした。学院から送られる教材で勉強したのですが、論文の添削指導をしてもらえたことが、本当に助かりました。今後の抱負は、資格に見合う実務内容を身に付ける事です。益々仕事に励んで負担してもらった会社に恩返ししたいと思います。
松本康志さん(マツモトヤスシ)〔九州建設専門学院No.170561〕
ライセンスメイト 平成17年3月号・・・No.989

ƣさん

「役所の仕事が増えた」

1管(1級管工事施工管理技士・実地)  女 (40) 福岡県田川郡香春町
 主人が会社を経営しているので、手伝いをしています。以前、九州建設専門学院で2級を受講し合格したので、1級もお願いすることにしました。実は、1級は難しいので受験を迷いましたが、学院の方から「時間が経つとせっかく覚えた勉強の内容と方法を忘れるので、すぐに受験したほうがいい」と勧められ決意しました。主婦なので、家ではなかなか勉強できません。事務所での空いた時間を利用して、テープを聞きながら勉強しました。主婦と仕事と勉強のやりくりには苦労しましたが、やれば出来るものですね。資格を取得してからは、建設業の許可も取れて、役所の仕事も入るようになりました。本当にありがとうございました。
伊藤奈美江さん(イトウナミエ)〔九州建設専門学院No.134826〕
ライセンスメイト 平成17年3月号・・・No.988

 さん

「車内で講義テープを」

1管(1級管工事施工管理技士・実地)  男 (45) 福岡県北九州市八幡西区
 西部ガスグループの会社に勤務しており、仕事上必要な資格なので受験しました。給水装置工事主任技術者の資格を学院の通信講座で受講し合格したので、今回も学院にお世話になる事にしました。仕事が忙しく、休暇も月に1~2日なので、なかなか自宅での勉強は、はかどりません。そこで、仕事が管理部門のため、車での移動時間を利用して、音楽代わりに講義テープを聞くことにしました。繰り返し何度も聞いて、頭に叩きこみました。今回、1級・2級を受験したのですが、両方ともストレートで合格できました。独学では到底無理だったと思います。やはり、九州建設専門学院に申し込んで良かったです。
横川 幹さん(ヨコガワミキ)〔九州建設専門学院No.199405〕
ライセンスメイト 平成17年3月号・・・No.987

ëさん

「類似問題が本試験に」

1管(1級管工事施工管理技士・実地)  男 (53) 熊本県八代市
 自営で設備関係の仕事をしています。去年、地元の学校に通って学科は合格したのですが、実地試験で不合格でした。講義で習った内容と試験に出た問題が全く違っていたからです。九州建設専門学院は合格率が高く、通信教育もあるので申込みしました。実は、これでだめだったら諦めるつもりでした。学院から送られてくる教材でとにかく勉強をしました。受験の時は本当に驚きましたね。教材と似たような問題が本試験で多く出題されたからです。合格できた自信はありました。最後の挑戦のつもりで勉強したんですが、合格できたのは本当に貴学院のお陰です。やはり学校は慎重に選ぶべきだとつくづく感じました。
谷口秀人さん(タニグチヒデト)〔九州建設専門学院No.255201〕
ライセンスメイト 平成17年3月号・・・No.986

¼ͧさん

「持続力と集中力が大切!!」

2建(2級建築士・学科製図)  女 (37) 福岡県福岡市南区
 資格を取ろうと思ったきっかけは、知識を頭に入れる事が目的です。設計事務所に勤めていたため、仕事上知っていた方が自分のためにも会社のためにも役に立つと思ったからです。以前、知人がCADの講師をしていて学院の事は知っていたため、勉強するときはお願いしようと決めていました。
 普段から接している分、言葉の意味などは頭に入りやすかったと思います。しかし、試験に合格する為に過去問題集を3回は繰り返したと思います。仕事も夜遅くまでなることが多かったため、1日のノルマを決めて取り組みました。問題に慣れる事で理解していなかった箇所がよくつかめ、重点を置く場所とそうでない場所とを見極めていくことが出来たと思います。
 設計製図は、手で図面を書いていくのですが、普段はCADを使っているため、最初は少し戸惑いました。学科の方と同時進行でとも考えましたが、実際勉強を始めてみると、そう簡単なものではなく学科の方で精一杯でした。製図の勉強に取り掛かったのは学科試験が終わった直後からです。正直、間に合うかどうかという感じでしたが、学科試験の手応えがあった為、やはり1年で取ってしまいたいという思いで始めました。限られた時間内に与えられた課題にそって書いていかなければなりません。何度も書いてスピードを上げていきました。特別に工夫したことなどはありませんでしたが、どんな状況にも対応できるように基本的な部分はしっかり押さえてミスのないように書き上げた結果、無事合格できました。講義は忙しくて受けられない時もありましたが、直前対策の時に先生が目の前で図面を書いて教えて下さったことが良かったと思います。
 現在勤めている設計事務所は、直前対策の先生がされている所です。昨年の末に学院主催の卒業式・合格者祝賀会に参加した時に先生といろいろお話をする機会を与えられました。丁度、人員を探していた所だったとの事でお話を頂きました。前の会社を離れて仕事を探していたため、有難いお話だと今年に入って勤め始めています。今は仕事を覚えることで一杯です。会社の力になりたいと日々努力しています。仕事にも慣れ、時間がとれたら、また新たな目標を見つけ、その時はまた学院へお願いしたいと思っています。
今村友美さん(イマムラトモミ)〔九州建設専門学院No.47033〕
ライセンスメイト 平成17年3月号・・・No.985

¼ さん

「繰り返しが合格の秘訣」

1建施(1級建築施工管理技士・実地)  男 (53) 山口県下関市
 もともと土木主体でやっていますが、建築関係の人とも仕事をする機会が多いため、必要性を感じ受験を決意しました。山口の方で学校へ行こうと考えていましたが、九州建設専門学院の職員の方からの「ぜひお会いしたい」という一言で入学を決意しました。
 勉強は先生から指導されたポイントを押さえ、また過去の問題をこなし出題の傾向をつかむ事を繰り返し行いました。実地の方は繰り返し文章を書いて覚え、周りの方の経験を聞いたりして、知識を増やしていきました。
 しかし、合格発表の日は緊張しましたね。学校からの合格の知らせには家族みんなで喜びました。丁度、子供の受験とも時期が重なり、親として頑張る姿を子供に見せる事が出来、今回の経験は本当に貴重だったと思っています。今後も向上心を忘れず、次なる目標を見つけて頑張ろうと思います。
西村 茂さん(ニシムラシゲル)〔九州建設専門学院No.241232〕
ライセンスメイト 平成17年2月号・・・No.984

ë さん

「添削指導のおかげ」

1土木(1級土木施工管理技士・実地)  男 (30) 熊本県天草市
 建設会社に勤めてもう11年になります。仕事上必要な資格なので1級に挑戦しました。2級は独学で合格したので、1級も大丈夫だろうと思っていましたが、実地でまさかの不合格。合格率が高いので貴校に入学しました。
 ラストチャンスだったので真剣に勉強しましたね。論文が苦手なので、先生に添削して頂いたものを広告紙の裏にマジックで大きく書き、目につく所に貼り、声に出して毎日復唱しました。品質管理の出題率が高いという事だったので試験直前は品質に的を絞って丸暗記しました。見事的中、お蔭様で合格できました。
 添削をしてもらえた事、助言をもらえた事で安心して試験に臨むことが出来ました。ありがとうございました。
谷川 司さん(タニガワツカサ)〔九州建設専門学院No.164747〕
ライセンスメイト 平成17年2月号・・・No.983

¼ Űさん

「テープでの勉強が良かった」

1土木(1級土木施工管理技士・実地)  男 (38) 鹿児島県出水市
 仕事上必要なので一度独学で受験したのですが不合格でした。ダイレクトメールが届き、通信教育コースもあることを知り、また合格率も高かったことから入学を決意しました。
 仕事が終わって帰宅するのが19時頃。それから寝るまでの4~5時間は毎日勉強しました。カセットテープでの勉強なので最初は不安もありましたが、目でテキストを読み、耳で声を聞くという勉強方法を何度も繰り返すうちに、頭の中に内容が残るようになり、却って良かったようです。試験を受けてすごく手応えを感じることが出来ました。自信がついたので、今後は測量士、1級管工事施工管理技士などにも挑戦したいと思っています。
嶋村 徹さん(シマムラトオル)〔九州建設専門学院No.245006〕
ライセンスメイト 平成17年2月号・・・No.982

ëƷɰϺさん

「上司からの紹介で」

1土木(1級土木施工管理技士・実地)  男 (30) 福岡県北九州市八幡西区
 2級は一昨年に合格し受験資格はあったので、1級に挑戦しました。学科は合格できましたが、実地は難しいと思い、会社の上司から紹介してもらった九州建設専門学院に入学しました。上司に尋ねたら、以前通って合格したとの事だったので、安心して受講できました。
 勉強の仕方は得意分野をとにかく覚えて、苦手な所は要点だけを押えるようにしました。論文は経験があったので自信はありましたが、試験に合格するには専門用語を多く取り入れた方がいい事を学び、実務経験がある事と試験に合格する事は別なんだと気付かされました。
 やはり、確実に合格するには学校が一番の近道ですね。
谷脇敬一郎さん(タニワキケイイチロウ)〔九州建設専門学院No.274734〕
ライセンスメイト 平成17年2月号・・・No.981

¿ͦさん

「社長の命令で」

1土木(1級土木施工管理技士・実地)  男 (38) 茨城県つくば市
 設備関係の会社に勤めています。今度、会社が建設業の許可をとるということで、それには1級土木施工管理技士の資格を誰かが取らないといけなくなり、社長から指名されたのがきっかけです。
 学科は独学で合格できたのですが、実地は経験がないため難しく、案の定結果は不合格でした。2度目も試験1ヶ月前までは過去の問題集で何とか勉強したのですが、やはり不安になり、そこで思い出したのが九州建設専門学院でした。実は以前、1級建築施工管理技士試験の時にお世話になったので、早速申込みしました。時間がなかったので、先生に添削して頂いた論文を丸暗記して試験に臨んだのが良い結果につながり、大変感謝しています。
沼尻勇二さん(ヌマジリユウジ)〔九州建設専門学院No.211714〕
ライセンスメイト 平成17年2月号・・・No.980

さん

「重要なところを何回でも聞けるテープがよかった」

浄設備(浄化槽設備士)  男 (46) 鹿児島県鹿児島市
 仕事が浄化槽工事業で、資格が必要になり取得しようと思っていました。学院ではポイントをおさえた勉強ができ、テープだと自分の苦手な部分が何回でも聞くことが出来るので助かりました。直接仕事に必要な資格なので、これから幅を広げて頑張って行きたいと思っています。
川原正明さん(カワハラマサアキ)〔九州建設専門学院No.64684〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.979

ܽʿさん

「学問に王道なし」

下水1(第1種下水道技術検定)  男 (44) 山口県下関市
 地域住民の根幹的環境整備事業として下水はまだ緒についたばかりで、社会的にも重要な資格です。講義は、基礎的、理論的、経験的な内容を中心にしており、自宅で月2回、日曜日に自室にこもり、テープを聞き、過去問題を自己採点しながら常に85%以上の解答率を保持できるよう何度もトライしながら「学問に王道なし」と自らに言い聞かせて頑張りました。
松本修平さん(マツモトシュウヘイ)〔九州建設専門学院No.2019450〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.978

ݱさん

「試験会場でもらった合否連絡カードで入学」

1電施(1級電気工事施工管理技士・実地)  男 (47) 福岡県北九州市八幡西区
 仕事上どうしても1級が必要になりました。以前試験会場で合否連絡カードを学院からもらっていたので、問い合わせをし入学しました。学習のポイントは広く浅く勉強すること。あまり掘り下げても大変なので…。夜は晩酌するので、朝5時頃起きて勉強しました。今後は何か別の資格にチャレンジしたいと思っております。
中丸悦男さん(ナカマルエツオ)〔九州建設専門学院No.42265〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.977

ͭ¼さん

「会社から学院を勧められる」

1造園(1級造園施工管理技士・学科実地)  男 (32) 佐賀県唐津市
 仕事の関係でこの資格が必要だったのですが、4年ほど前に2級を取得しており、この度ようやく1級の受験資格ができたので挑戦しました。会社の方から学院を勧められ、我社から私と他に2~3人受講いたしました。勉強の方はテープを聴きながら施工管理のテキストを見て勉強しました。私の場合、実務面で得たものがかなり役立ったと思います。
有尾和治さん(アリオカズハル)〔九州建設専門学院No.7765〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.976

 ˭さん

「中小企業は社長が先頭に立たないといけない」

1管(1級管工事施工管理技士・実地)  男 (44) 長崎県対馬市
 私の会社は今は道路や河川の土木が主体ですが、いずれは下水関係も手がけられるように資格を先取りしたわけです。土木はもちろん持っていますし、造園と建築施工も受講しました。資格は一応区切りがついたというところです。これからは従業員にも取ってもらうつもりですが、中小企業は社長が先頭に立たないといけません。
早田 豊さん(ソウダユタカ)〔九州建設専門学院No.49837〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.975

ע Үさん

「講義終了後も励ましの電話をしてくれた先生」

1土木(1級土木施工管理技士・学科実地)  男 (60) 福岡県久留米市
 殆どの社員が1級土木施工管理技士を取得しているなかで、私は2級しか取得していませんでした。会社からの依頼もあり、学院に入学しました。優秀な講師による理解しやすい講義内容、充実した科目、日程、実地試験対策のおかげで十分な勉強が出来ました。また講義終了後も先生より励ましの電話を頂き誠に有り難うございました。
廣田 勳さん(ヒロタイサオ)〔九州建設専門学院No.67375〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.974

͵さん

「思いがけない会社を紹介され就職できラッキー」

CAD(CAD利用技術者1級)  女 (24) 福岡県糸島市
 私はCADとトレースを勉強したのですが、どちらも共通するところが多くて大変役立ちました。まだまだ勉強不足ですが、大変面白く受講でき資格も手にできました。講義が終了した後も、就職に必要だからと課題をたくさん与えて下さり、練習指導をしていただき思いがけない会社を紹介してもらい就職できました。丁寧な指導に感謝しています。
荒木裕美子さん(アラキユミコ)〔九州建設専門学院No.592〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.973

Ҵݰさん

「友人の紹介で入学」

2建(2級建築士・学科製図)  女 (24) 福岡県糟屋郡粕屋町
 この資格は仕事上必要でしたので受験しました。学院は友人の紹介で入学しましたが、先生の講義はわかりやすかったです。学習の方法は過去問題を繰り返し解きました。製図の試験は駄目だと思っていましたが、合格していたのでとても嬉しかったです。4年後は1級建築士を受験する予定です。
弟子丸郁子さん(デシマルイクコ)〔九州建設専門学院No.63623〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.972

ëžさん

「独学では合格できません」

測量補(測量士補)  男 (68) 福岡県福岡市早良区
 今回合格通知を受けていささかびっくりしました。自分ではかなり難しく思い、3割位は解答できませんでした。学習は勤務に雑用に追われて充分に出来ませんでしたが、学院講師の真撃な授業は貴重な実習も含め非常に有益でした。これは独学ではできません。
 次は土地家屋調査士を目指すことにしましょう。
三谷嘉昭さん(ミタニヨシアキ)〔九州不動産専門学院No.63442〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.971

さん

「通学してよかった」

2経理(2級建設業経理士)  女 (43) 福岡県糸島市
 当時、建設会社に勤務していました。小さい会社で経理は一人で全部こなしていました。将来のことを考え資格を取ろうと思っていた矢先、学院からタイミング良く勧められ、これも何かのご縁と思い通学する事に決めました。
 学院のテキストで予習は必ずして過去問題を徹底的にしました。勉強した時間といえば、講義の時とあとは会社の昼休みぐらいですね。家だとなかなかはかどらないですが、学校に行けば勉強しないといけないし、また他の生徒さんとも仲良くなり励まし合って勉強できました。これは非常に大きかったです。通学のメリットですね。せっかく取得した資格ですから、就職活動の強い武器にしたいですね。
山口雅子さん(ヤマグチマサコ)〔九州建設専門学院No.255162〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.970

ķĻさん

「周りに支えられて」

2経理(2級建設業経理士)  女 (44) 福岡県福岡市中央区
 今の会社に入社して5年になりますが、経理の仕事は2年前からです。商業簿記2級を持っていますが、やはり仕事上資格は必要なので2級に挑戦しました。まず、勘定科目を覚える事が大変でした。決算書にしか出てこないような科目だったので苦労しました。勉強のポイントは講義で習った事はその日の内に習得しあとは過去問題を繰り返しすることに限りますね。記憶力が劣っている事には自分でも驚きました。勉強した甲斐があって合格できましたが、随分と周りから支えられました。家族の協力と会社からの応援が、良い意味でプレッシャーになり、本当に感謝の気持ちで一杯です。
 将釆、CADも習いたいですが、しばらくは仕事に専念しようと思います。最後に、学院の先生と職員の皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。
堀田慶子さん(ホッタケイコ)〔九州建設専門学院No.256825〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.969

¼忿さん

「毎日少しずつ勉強」

1経理(1級建設業経理士)  女 (33) 山口県岩国市
 九州建設専門学院の通信講座を受けました。先生の講義を録音した生テープは1回、2回と聞く度に理解度が深まるようでした。勉強するまでは1級はとても難しいと聞いておりましたが、毎日少しずつでも勉強して行くことが大切だと改めて思いました。
 やはり、建設の専門である学院の講義内容はポイントを押さえてあり、学院の通信講座を受け本当によかったとつくづく感じております。また昨年は、春の受験時に花粉症が軽かったのも私にとって幸いだったようです。
村上真紀子さん(ムラカミマキコ)〔九州建設専門学院No.145603〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.968

さん

「将来のため資格に挑戦」

1経理(1級建設業経理士)  女 (51) 熊本県荒尾市
 建設会社に勤めている関係上、将来を考え1級の資格をとりたいと思っていました。こちらの学院では、職員の方々の対応がとても親切で、気持ちが良かった事を覚えています。聞くところによるとこの学院では、ことのほか建設業経理事務士の講座に力を入れてあるとのこと。それで私も納得が出来、安心して勉強することが出来ました。1級の資格をとったことにより、以前より仕事に対しても興味が出てきたようです。
 今は学院の先生や職員の方へ感謝の気持ちで一杯です。
坂本徳子さん(サカモトノリコ)〔九州建設専門学院No.255673〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.967

さん

「楽しくわかり易い講義で合格」

業主任(管理業務主任者)  女 (52) 福岡県福岡市東区
 マンション管理士・管理業務主任者の試験がある事を知り、不動産の仕事をしておりますので取得してみようと思いました。宅建主任者資格を取得の際、学院で受講しておりまして、授業が分かりやすかったので迷わずこの学院の講座に申し込みました。
 時間が少なかったので、学院の問題集を中心に取り組み、ポイントを押さえていきました。先生方の楽しい講義でリラックスして受験に臨め、お陰様でどうにか合格できました。これからもまだ勉強して掘り下げることで、もっと知識を増やしていきたいと思います。
森山潤子さん(モリヤマジュンコ)〔九州不動産専門学院No.135455〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.966

һさん

「テープで何度も聞いて覚えた」

3経理(3級建設業経理事務士)  男 (30) 福岡県三猪郡大木町
 建設会社で働いていますから、経理事務士の資格を取ろうと思い、学院で勉強しました。土曜日の午前中3級の講座がありました。3月が試験でしたので、約5ヶ月間ほど勉強しました。
 授業はもちろんですが、学院から生講義のカセットテープが送ってきます。それで、テープを何度も聞いて覚えて、問題を解く、ということを何回も繰り返しました。テープを何回も聞いたら意味がわかりますし、それに日常の業務に近いところがあり、親しみやすかったですね。次に2級は、学院に通学しようと思っています。経営審査で会社の点数も上がりますしね。
和泉智子さん(イズミトモコ)〔九州建設専門学院No.262137〕
ライセンスメイト 平成16年9月号・・・No.965

¼さん

「クラス全体で合格目指し盛り上がった」

3経理(3級建設業経理事務士)  女 (36) 福岡県北九州市八幡西区
 実は、会社の先代が亡くなり、私が代表となりました。それまで、経理関係は税理士に任せていましたので、私自身、簿記はまったくわかりませんでした。でも、何らかの資格が必要と思い、経理事務士に挑戦することにしました。
 最初の1、2回は受講していなくて、何にもわからない私は不安だったのですが、先生のアドバイスもありましたし、何よりもクラス全体が合格しようと盛り上っていました。励まし合って、自分たちで自習したり、電話でわからないところは教え合ったりしました。先生からは、過去問題を100%覚えれば大丈夫、と言われ、何回も繰り返し解きました。
北村千鶴さん(キタムラチヅル)〔九州建設専門学院No.168313〕
ライセンスメイト 平成16年9月号・・・No.964

עλさん

「生講義で勉強し先生に感謝」

3経理(3級建設業経理事務士)  女 (47) 福岡県福岡市早良区
 一昨年はまったく勉強せず受験したので、今度は学院の土曜日の講座に通うことにしました。
 学生の時から簿記の入門程度は勉強していました。それでも、通信より通学して良かったと思います。建設会社勤務ですが、支店があるわけではありません。でも、試験では地方支店のある、大会社の経理を対象にしたような問題が出ます。例えば、本社勘定とか支店勘定とか…。それは難しかったですね。それと、困惑するような問題も出ます。問題を繰り返すしかありませんでした。でも、勉強は面白かったですよ。次は2級です。
廣田知子さん(ヒロタトモコ)〔九州建設専門学院No.212863〕
ライセンスメイト 平成16年9月号・・・No.963

繬さん

「テキストで予習してテープを」

2経理(2級建設業経理士)  男 (33) 長崎県長崎市
 行政書士の資格はもっているのですが、建設関係の知識を得て、建設関係の財務分野に進みたくて、資格にチャレンジしました。「ライセンスメイト」を見て、学院の通信講座に申し込みました。
 テープとテキストが送られてきましたから、まず、テキストで予習してテープを2~3回聞くようにしました。事前に勉強しておくほうが頭に入ると思ったからです。そのやり方で良かったと思います。過去問題は何回も解きました。過去問題が形を変えて出題されるケースが多いようです。貸借対照表や損益計算書の仕分けといった商業簿記の入門編程度の知識があった方が有利かもしれません。次は1級を狙います。
山栄大幸さん(ヤマエヒロユキ)〔九州建設専門学院No.211816〕
ライセンスメイト 平成16年9月号・・・No.962

ͳさん

「父の仕事に役に立てば」

マン管(マンション管理士)  女 (30) 宮崎県宮崎市
 今回、新しい資格でマンション管理士の試験があると知り、これを取得しておけば、これから不動産関係の仕事で役に立つと考えたのが受験の動機です。以前に学院で宅地建物取引主任者の資格を取得していたので、勉強は、比較的に楽でした。学院の授業と並行して民法など法律の問題を中心に勉強しました。ただ、実務に関したところは経験がないだけに理解するのが大変でした。特に建築の内容の所が難しかったですね。1回で合格できて本当によかったです。
 父が、不動産関係の会社をやっていますので、少しでも役に立てばと考えています。
大林由生子さん(オオバヤシユキコ)〔九州不動産専門学院No.140020〕
ライセンスメイト 平成16年9月号・・・No.961

ĿϺさん

「昼間の授業でラクに覚えられた」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (23) 福岡県福岡市博多区
 資格を取ろうと思い、合格率の高そうな専門学院に通うことにしました。水曜日の昼間の授業でした。大変わかりやすかったですね。予習はいらない、授業を聞いて復習すれば受かる、学院で習ったことをやっていれば大丈夫、と言われました。
 学院には半年通いましたが、習ったところだけを勉強していました。朝の早い仕事で、勉強は1日に1時間ぐらいで、10時には寝ていました。焦ることなく、ゆっくり覚えられましたし、楽でしたね。
 試験は難しかったのですが、なんとかクリアできました。その勉強で民法などが面白くなり、今は司法書士試験に挑戦してみようと思って頑張っています。
安田晋一郎さん(ヤスダシンイチロウ)〔九州不動産専門学院No.229155〕
ライセンスメイト 平成16年8月号・・・No.960

さん

「本当に理解しているかを確認」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (30) 福岡県福岡市南区
 昨年2月に専門学院に入学し、日曜日に過1回朝から通いました。最初は、勉強範囲が広くて厳しいかな、と思いましたが、不動産業の親から「絶対に受かれ」とハッパをかけられました。
 専門学院の教え方は非常にわかりやすかったですよ。まったくゼロからで、最初は民法などの専門用語を聞いても、意味がわかりませんでした。そこで、参考書を読んで覚えて、その部分の問題を解いて理解していく、ということを繰り返しました。
 試験直前の1ヶ月ぐらいは、1日に6~7時間勉強しました。問題を解いて、間違ったところだけでなく、合っているところも、本当にわかっているかを確認し、絶対に理解するようにしました。
松岡貴弘さん(マツオカタカヒロ)〔九州不動産専門学院No.230529〕
ライセンスメイト 平成16年8月号・・・No.959

ƣͺさん

「答練で本番への馴れが効果発揮」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (29) 福岡県福岡市博多区
 一昨年は学院で夜の授業を受講していましたが、ギリギリで駄目で、昨年は試験直前の答練だけを5回受け、無事合格しました。
 大学は商学部でしたので、法律関係には多少知識はありましたが、それでも、最初の年は戸惑いも少しはありました。でも、授業にちゃんと出席し予習復習を行ない、テキストを読んで勉強するうちに馴れてきました。最初の年は本当に惜しいところでした。
 2年目は本を見直し、春頃から問題集などで勉強を始めました。自分で勉強し、それなりの感触はありました。試験直前になって、学院の答練を5回受け、試験問題に馴れました。試験への馴れが本番で効果を発揮しました。
後藤雄一さん(ゴトウユウイチ)〔九州不動産専門学院No.199477〕
ライセンスメイト 平成16年8月号・・・No.958

さん

「生講義で勉強し先生に感謝」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (61) 福岡県飯塚市
 不動産賃貸業を営む主人から、九州不動産専門学院に通ってみないかと言われ、軽い気持ちで通い始めました。最初はまったくわかりませんでした。記憶力が減退してきていますから、講義を聞いているときはわかった気でいても、帰って来ると何を勉強して来たのか忘れているわけです。それで、講義をテープに録音して、家に帰ってから聞き直すようにしました。自分だけで勉強していると、30分ぐらいしか緊張感が保てませんが、学校だと長時間集中できます。やはり、生講義が良くて、最後は先生たちに引っ張ってもらいました。その恩にも報いたかったのです。先生たちに感謝しています。
秋吉満世さん(アキヨシミツヨ)〔九州不動産専門学院No.195107〕
ライセンスメイト 平成16年8月号・・・No.957

さん

「1週間前には250問を3時間で解いた」

下水処(下水道管理技術認定・処理施設)  男 (41) 大分県豊後高田市
 会社は下水処理やし尿処理、ごみ焼却などを行なっています。私はし尿処理場に勤務しています。でも、事務系出身ですから、資格が必要でした。実は下水道工事はまったく知らなかったのですが、水処理ということでは同じ系統だろうということで、下水道工事を受けることにしました。受験するからには合格したかったので、学院の通信講座に申込みました。
 日常業務では汚泥の脱水、焼却をやっていますが、下水道はまったく未知な分野で、最初は用語もよくわかりませんでした。実は5月頃、終末処理場を是非見学しておこうと思い、市役所に頼んで、処理場を見学しました。まず、水処理の流れを覚えることが第一でした。この経験は大きかったですね。
 受講を始めたのは4月頃だったのですが、学院から送られてくるテープを聞き始めたのが8月頃でした。テキストを見ていたのですが、9月頃、会社から「せっかく受験するなら、絶対に合格しろ」とハッパをかけられ、本気になりました。
 勉強は過去問題をやりました。学院からは過去3年分が送られてきたのですが、その前の分も集めて、過去8年分を覚えました。最初のころは法律、水処理、計算と分野ごとに問題を別々にコピーし問題集を作りました。そして1日50問を分野別に解きました。解けるようになって問題を混合して解きました。わからないところは、テキストで確認しました。
 本当に勉強したのは最後の1ヶ月ぐらいです。1日50問から200問に増やしました。試験の1週間前には、250問ぐらいを3時間で解けるようにしました。その頃になると、問題自体を覚えていました。それでも、実際の試験のときは、まったく新しい分野の問題も出ていましたが何とか1回で合格できてよかったです。
大竹徳明さん(オオタケノリアキ)〔九州建設専門学院No.216701〕
ライセンスメイト 平成16年7月号・・・No.956

ܷさん

「生講義だから短期集中ができた」

給水(給水装置工事主任技術者)  男 (30) 福岡県田川市
 会社で資格所有者が高齢になり、私が資格に挑戦することになりました。市の水道課の人からは、独学では無理、と言われました。学院を知り、毎週日曜日に通うことにしました。ちょうど、お盆の頃で、空調取り付けの一番忙しい時期でした。
 実は、管工事も給水工事と一緒に受講しました。給水の方は会社からお金が出ましたが、管工事は自腹でした。でも、勉強は給水の方ばかりしていました。専門用語や法規は管工事と同じで、ある程度わかっていましたが、学院にいかなければ合格できなかったと思います。仕事から離れて、教室の椅子に座ると、周りも勉強している雰囲気があり、短期集中ができたからです。
橋本圭一さん(ハシモトケイイチ)〔九州建設専門学院No.240541〕
ライセンスメイト 平成16年7月号・・・No.955

¼Χさん

「通信は目、耳、手を動かして覚える」

給水(給水装置工事主任技術者)  女 (52) 福岡県福岡市早良区
 主人の手伝いで現場に行っています。平成13年から受験したのですが落ちました。3回目の今回、学院の案内状を思い出し、申込みました。通信を受けることにしました。日曜日の授業は、平日の疲れが出てしまいそうでしたから。
 それまでは独学でした。でも、学院から送られてくる資料を見て、試験問題に馴れていなかった、と痛感しました。問題を解くコツは、過去問題を何回も解くことによってわかってきました。具体的には、講義テープを耳から聞き、テキストや本を目で見て、不得手な部分を手を動かしてノートに書き込み目、耳、手で覚えました。合格した時は本当にうれしかったですね。
稲村律子さん(イナムラリツコ)〔九州建設専門学院No.199098〕
ライセンスメイト 平成16年7月号・・・No.954

α˭さん

「教室にライバルを見つけ、奮起!」

給水(給水装置工事主任技術者)  女 (59) 長崎県対馬市
 電気工事と販売店(別会社)を自営し、主人は管工事もしています。実は、主人も一緒に受験しました。どちらかが合格すれば、と思ったのですが、二人とも合格しました。
 勉強はとても苦労しました。当初はわかりませんでした。4月頃に学院からテープを送ってもらいまた。8月から毎週日曜日、対馬から学院に通い始め、絶対に合格しなくては、と思いました。同じ教室に素晴しい女性がいて、負けたくなくて、朝は5~6時に起き2時間、夜は8時半頃から深夜1時頃まで、必死で勉強しました。予習復習は欠かしませんでしたし、暗記できないところは冷蔵庫やトイレ、化粧台などに張って覚えました。
阿比留豊子さん(アビルトヨコ)〔九州建設専門学院No.136355〕
ライセンスメイト 平成16年7月号・・・No.953

ʡĿさん

「文系出身者でも、少人数だから大丈夫」

調査士(土地家屋調査士)  男 (28) 福岡県朝倉郡筑前町
 つい最近、資格を取得した後に土地家屋調査士事務所に就職しましたが、それ以前は設備の会社に勤務していました。国家資格の取得は、大学の経済学部に在籍していた時から、両親に薦められていました。実は大学で留年してしまい、「資格を取りなさい」となったわけです。最初に取得した資格は宅建主任者で、平成11年に合格しました。その後、測量士補の資格を取得しました。この測量士補の勉強をしている時に、測量の図面関係が面白くなり、土地家屋調査士に挑戦して見よう、と思うようになりました。
 測量は、境界石間の距離と角度を測って、面積を算定していきます。基本的には土地を三角形の集合体と考え、一定のルールに基づいて土地を三角形に分割し、個別の三角形の面積を求め、その総和が土地の面積となります。この時の測量図面の作成作業を通じて、土地家屋調査士の仕事に興味を持つようになったのです。
 測量に欠かせないのが三角関数です。文系出身者としては、もっとも苦手とする分野で、三角関数の記号など縁遠いものと思っていました。それを理解することが必要になり、中学や高校の数学の教科書をもう一度取り出して、基本から勉強し直しました。
 それでも最初はわかりませんでした。土地家屋調査士受験を志した最初の年に、学院に入学しました。幸いに、教室も10人程度の少人数の構成で、先生とも仲良くなりましたし、ずいぶん丁寧に教えていただきました。先生には本当に感謝しています。もちろん、教室の仲間もできました。お互いに切磋琢磨し、励まし合いました。その仲間とは今でも付き合いがあります。その年も、その翌年も1点差で不合格、悔しくて再挑戦し、志しから3年目で合格しました。
福田真吾さん(フクダシンゴ)〔九州不動産専門学院No.176480〕
ライセンスメイト 平成16年6月号・・・No.952

¿さん

「先生の一言が発奮材料に」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (21) 神奈川県横浜市西区
 自営業の父親が将来、家族で不動産業を始めようと思い、兄と私に宅建受験を薦めました。学院の申込みも父親です。私は一昨年10月からの1年コースに入りましたが、当時はまだ短大生で、本格的に勉強を始めたのは卒業してからです。
 最初、定期試験の点数が悪くて、先生からも「このままだと・・・」と言われました。正直言って、焦りました。それが発奮材料になって、教室の仲間より1点でも多く取ろうと徹底的に勉強しました。そうしたら、勉強にハマッてしまい、それまで理解できなかった部分もわかるようになりました。1回で必ず合格するぞと思って勉強したのが良かったと思います。
清水佳織さん(シミズカオリ)〔九州不動産専門学院No.211502〕
ライセンスメイト 平成16年6月号・・・No.951

Ҥさん

「通学が便利で通信でも授業に」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (47) 福岡県福岡市中央区
 不動産に興味があったので、宅建試験に挑戦することにしました。学院には平成14年に入学しました。学院に行って見て、すぐ入学することにしました。交通の便が良く、通学に便利だったからです。
 今は不動産会社に勤めていますが、当時はデパートに勤めていたため授業に遅れてしまい、最初は内容についていけませんでした。そこで、通信に変更をしてもらいました。ですから、テープは貴重でした。わからない用語ばかりでしたので、テープを何度も聞きました。時間のある時は、授業にも出ました。最後は模擬試験を解き、間違っているところは何回も解きました。
冬野ひろみさん(フユノヒロミ)〔九州不動産専門学院No.204638〕
ライセンスメイト 平成16年6月号・・・No.950

¼Żさん

「学院に通って本当に良かった」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (54) 福岡県福岡市博多区
 以前、権利関係に興味をもち、宅建の試験を受けたことがありましたが、その後、勉強を中断していました。2年ほど前に再挑戦することにし、最初の年は学院の模擬試験だけを受け、昨年は2月から、学院の夜間コースを受講しました。
 夜7時から2時間程度の授業なのですが、先生が問題を出した意図やポイントなどをしっかり説明され、受講生に質問されます。先生に当てられるとドギマギしたのですが、他の方は立派に答えられるのを見て、「私も頑張らなければ」と思いました。試験の直前には、苦手な分野の過去問題を中心に勉強しました。学院に通ってよかったし、先生に感謝しています。
山村静子さん(ヤマムラシズコ)〔九州不動産専門学院No.170266〕
ライセンスメイト 平成16年6月号・・・No.949

Ĺ߷Ƿさん

「マンツーマンの授業で大きな成果」

1建(1級建築士・製図)  男 (33) 福岡県糟屋郡篠栗町
 ○マンツーマンでの受講が良かった
 私が九州建設専門学院の2ヶ月間の短期講習を受講したのは、2度目の設計製図試験にチャレンジするときでした。前年に不合格という苦い経験をしている私にとって、週1回の講義は2時間程度ですが、マンツーマンで指導を受けられたのは、大変良かったと思います。
 計画段階で注意するポイントや、作図に関する要領等が詳しく聞けましたし、わからないところをすぐ質問し、的確に教えて頂けたからです。
 ○的確なアドバイスをもらえた
 設計製図試験は、制限された時間内に要求された条件を満たす建築物を計画し、図面を書き上げねばなりません。法規・構造・設備等チェック項目も多岐にわたり、時間配分にも注意を払わねばなりません。合格するためには、よきアドバイスをくださる指導者のもとで学習することが必要だと思います。
 ○2回目で見事合格
 1回目の試験では書き上げることができなかったのですが、今回はなんとか時間内に完成することができました。内容的に不安なところがありましたが、無事合格でき嬉しく思います。
 現在は景気状況の厳しい中、数社とコンスタントにお取引させていただき、毎日一所懸命仕事に頑張っています。
 ○学んだことが自信に
 私は就職して、はじめて建築の世界に触れたのですが、仕事を通して、出会った人を通して、また建築士試験の受験を通して建築を学び、今はその学んだことが仕事をする上で誇りとなり、自信をもって仕事に取り組めているように感じます。
長澤倫之さん(ナガサワノリユキ)〔九州建設専門学院No.248659〕
ライセンスメイト 平成16年5月号・・・No.948

Τさん

「臨月の受験でも見事合格」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (27) 福岡県福岡市早良区
 主人が不動産会社を自営しています。最初は自分で本を見ていたら、「宅建を受験したら」と言われ、自分でも思い立って挑戦することにしました。ただ、お腹に子どもがいて、それも試験日の2週間後が予定日でした。
 受験に失敗すると、子育ての最中に再挑戦ということになります。絶対に合格しようと思い昨年6月、学院に申し込みました。
 時間はある程度ありましたので、学院には週2~3回、試験の2ヶ月前くらいには週4回受講しました。直前の勉強は、過去問題と予想問題を繰り返しました。妊娠中で昼間は眠たくなるので、朝早く集中しました。合格したら、主人がとても喜んでくれました。
大川絵里さん(オオカワエリ)〔九州不動産専門学院No.240323〕
ライセンスメイト 平成16年5月号・・・No.947

Ͻさん

「入学して効率良く勉強できた」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (29) 福岡県福岡市中央区
 仕事に必要な資格ですし、設計部門にも役立つ知識ですので宅建を勉強することにしました。今までに何回か受験したのですが、失敗していましたので、学院で正式に勉強しようと思い、昨年6月からのコースに入学しました。
 学して、どこが重点的であるのか、メリハリのある勉強ができ、重要なポイントもわかりました。独学だと、あらゆる分野に手を出してしまいますが、講座では広く浅く、無駄なく効率よく勉強ができました。試験直前は、過去問題を中心に毎日2時間ぐらい勉強しました。でも、勉強は苦になりませんでした。せっかく得た知識を無駄にしないよう、今後も資格取得を目指したいと思います。
小河修一さん(オゴウシュウイチ)〔九州不動産専門学院No.162987〕
ライセンスメイト 平成16年5月号・・・No.946

さん

「同じ講義を何回も受講」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (39) 福岡県福岡市城南区
 以前、建設会社に勤務していたことがあります。将来も建設関連の会社に入社したくて、宅建を取ろうと決心し、学院に話しを聞きに行きました。受験に向けて、少し早い入学でしたが、学院のサービスにより昨年度の分を少し受講させてくれました。
 正式には平成15年の2月からスタートする講座を受講しました。専門用語はある程度わかりましたが、権利関係は難しくて、宅建六法で判例を見て勉強しました。日曜コースでしたが、他の曜日の同じ講義を何回も聞きました。4月から本格的に勉強しました。最初はテキストを中心に、2ヶ月前ぐらいから学院の問題集や過去問題、判例を繰り返し勉強しました。
 いろいろなコースで繰り返し勉強出来た事が、合格へつながったと感謝しています。
川庄弘子さん(カワショウヒロコ)〔九州不動産専門学院No.123421〕
ライセンスメイト 平成16年5月号・・・No.945

 さん

「離島から往復6時間かけて学院へ」

1管(1級管工事施工管理技士・学科実地)  男 (25) 長崎県壱岐市
 通信より授業を受けた方が良いと思い、離島から船に乗って片道約3時間、往復6時間かけて1年間、天神の学院に通いました。父親と一緒に配管工事業を営んでいるのですが、父が高齢となり私が跡を継ぐことになりました。そのため2級は是非とも取得しておかなければならなくなったわけです。学科はさほど問題なかったのですが、空調関係は仕事でやったことがなく、難しかったです。実地は、正解がわからないから怖かったですね。試験の1ヶ月前には1日か2~3時間は勉強していました。今年は給水装置工事の資格を取ろうと思っています。あとは土木施工管理技士を狙っています。
光安 誠さん(ミツヤスマコト)〔九州建設専門学院No.199369〕
ライセンスメイト 平成16年4月号・・・No.944

さん

「試験の2週間前から集中」

1管(1級管工事施工管理技士・学科実地)  男 (35) 福岡県北九州市若松区
 管工事の願書受付の1ヶ月ほど前に学院から案内が届き、すぐに申し込みました。日常の仕事はプラント関係なのですが、試験は空調関係が多く、教科書で勉強するほかありませんでした。学院の授業は大変に役に立ちました。講義もわかりやすかったですね。勉強は夜1~2時間はやるようにしました。試験の2週間前には、家内と子どもは実家に帰して勉強に集中するようにしました。直前は夜12時ごろまで勉強しました。問題は空調でした。学科は難しかったのですが、「是非とも資格を取りたい」という気持ちで向かったら解けました。実地は空調関係が多く、どうかなと思ったのですが、無事合格できました。
小嶋健次さん(コジマケンジ)〔九州建設専門学院No.212799〕
ライセンスメイト 平成16年4月号・・・No.943

ʹさん

「空調は学院で興味深く学んだ」

2管(2級管工事施工管理技士)  男 (37) 長崎県諫早市
 一般住宅の給排水設備工事会社に勤めて8年になります。給水装置の資格は持っています。これから先、資格は必要ですし、それなりの責任を持ちたいと思い、受験しました。
 学院には8ヶ月ぐらい、日曜日ごとに朝5時起きで通いました。でも、通って良かったですね。仕事では空調関係をやっていませんので、授業で興味深く勉強しました。講義も丁寧でわかりやすかったですね。学科はほぼテキスト通りで、試験問題もさほと難しくありませんでした。日常の仕事の延長でわかりました。難しかったのは実地で、安全管理のやりかたなど個人で少しずつ違いますから、どう書いていいかわかりませんでした。
田中祐喜さん(タナカユウキ)〔九州建設専門学院No.234820〕
ライセンスメイト 平成16年4月号・・・No.942

さん

「文章の重要なポイントを知った」

1管(1級管工事施工管理技士・学科実地)  男 (43) 福岡県久留米市
 2級は平成10年ごろに取得し、1級も学科試験は合格していました。でも、実地に失敗し、どこがポイントかを教えてもらいたくて、学院の通信を受けることにしました。勉強は、テキストを何度も理解するまで読んで、内容を把握する様にしました。日曜日に、天神の学院にも講義を聞きに行きました。学院で、以前の実地試験で、自分のどこがいけなかったのかを知りました。それは、文章の書き方でした。専門用語をおさえていなかったのです。学院で、重要なポイントを教えてもらいました。それが大変役に立ちました。ありがたかったですね。あとは、2級土木施工管理技士の資格を取るだけです。
黒田誠治さん(クロダセイジ)〔九州建設専門学院No.204107〕
ライセンスメイト 平成16年4月号・・・No.941


Back to Top