閉じる

メニュー

登録実務講習
※登録実務講習(宅建試験合格者)をご希望の方はコチラ※
※宅建 生講義 全九州(福岡、北九州、久留米、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、那覇)で開講!
くわしくはコチラ※
※平成29年度宅建登録講習の受講受付は終了いたしました。 登録実務講習 修了者の声
登録講習

宅地建物取引業法に基づく登録講習(本試験5問免除)

宅地建物取引士試験では、これまで「宅地建物の取引に関する3年以上の実務経験」を有する者が国土交通大臣の指定する講習を受けた場合、試験科目の一部が免除される「指定講習」制度がありました。この指定講習が規制緩和に基づく民間委託制度により「登録講習」という制度に改められ、対象者の要件として必要であった「3年以上の実務経験」が撤廃となり、宅地建物取引業に従事している者であれば、どなたでも受講することが出来るようになりました(宅地建物取引業法施行規則第10条の5による)。
「登録講習」は、宅地建物取引業法第16条第3項の規定に基づき、「宅地建物取引業に従事する人」に対し、「宅地建物取引業務の適正化」及び「資質の向上」を図るための講習です。この度、この制度における講習実施機関が民間にも開放されたことから、九州不動産専門学院は国土交通省にこれを申請したところ、平成17年9月5日に「登録講習機関(1)第11号」として九州では唯一国土交通大臣の登録を受けました(国土交通省告示第1000号/官報第4179号に掲載)。
平成29年度「登録講習」のご案内
九州不動産専門学院は、九州では唯一「登録講習機関」として国土交通大臣の登録を受けましたので、本学院で「通信講習」「講義(スクーリング)」を受講し、「修了試験」に合格すると、合格した日から3年以内に実施される宅地建物取引士資格試験の一部(5問)が免除されます。
※免除される分野は以下の通りです。
イ.土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること
ロ.宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること
1. 受講資格
宅地建物取引業に従事している方(勤務年数は問いません)
2. 講習スケジュール

福岡本校(会場:九州不動産専門学院専用教室)
①11月29日~5月26日
受講申込
②2月中旬~4月中旬(A日程)
 3月中旬~5月中旬(B日程)
 4月下旬~6月下旬(C日程)
 4月中旬~6月中旬(D日程)
 5月上旬~7月上旬(E日程)
 5月下旬~7月下旬(F日程)
通信講習
テキストによる自宅学習
③2月中旬(A日程)
 3月中旬(B日程)
 4月下旬(C日程)
 4月中旬(D日程)
 5月上旬(E日程)
 5月下旬(F日程)
課題送付(4肢択一問題20問)
4月22日・4月23日(A日程)満席
 5月23日・5月24日(B日程)満席
 6月24日・6月25日(C日程)満席
 6月20日・6月21日(D日程)満席
 7月11日・7月12日(E日程)満席
 7月25日・7月26日(F日程)満席
講義(スクーリング)・修了試験実施
⑤4月下旬(A日程)
 5月下旬(B日程)
 6月下旬(C日程)
 6月中旬(D日程)
 7月中旬(E日程)
 7月下旬(F日程)
修了試験合格者に「登録講習修了者証明書」交付
⑥10月
宅地建物取引士資格試験受験


熊本会場(会場:男女共同参画センター(はあもにい))
①11月29日~5月15日
受講申込
②5月中旬~7月中旬
通信講習
テキストによる自宅学習
③5月中旬
課題送付(4肢択一問題20問)
7月16日・7月17日満席
講義(スクーリング)・修了試験実施
⑤7月中旬
修了試験合格者に「登録講習修了者証明書」交付
⑥10月
宅地建物取引士資格試験受験


鹿児島会場(会場:鹿児島県文化センター(宝山ホール))
①11月29日~5月7日
受講申込
②5月上旬~7月上旬
通信講習
テキストによる自宅学習
③5月上旬
課題送付(4肢択一問題20問)
7月8日・7月9日満席
講義(スクーリング)・修了試験実施
⑤7月上旬
修了試験合格者に「登録講習修了者証明書」交付
⑥10月
宅地建物取引士資格試験受験


那覇会場(会場:沖縄船員会館)
①11月29日~4月30日
受講申込
②4月下旬~6月下旬
通信講習
テキストによる自宅学習
③4月下旬
課題送付(4肢択一問題20問)
7月1日・7月2日満席
講義(スクーリング)・修了試験実施
⑤7月上旬
修了試験合格者に「登録講習修了者証明書」交付
⑥10月
宅地建物取引士資格試験受験

※天災地変等の理由により日程が変更になる場合がありますが、その際は改めてご連絡いたします。
3.講習内容
[1]履修科目
通信講習及び講義(スクーリング)で次の科目を履修します。
イ.宅地建物取引業法その他関係法令に関する科目
ロ.宅地及び建物の取引に係る紛争の防止に関する科目
ハ.土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関する科目
ニ.宅地及び建物の需給に関する科目
ホ.宅地及び建物の調査に関する科目
ヘ.宅地及び建物の取引に係る税務に関する科目

[2]通信講習

[3]スクーリング
【講習スケジュール④】の2日間(9:30~17:00予定)
本校もしくは所定の各会場で上記履修科目の講義を受講して下さい。

[4]修了試験
通信講習の課題の解答を期限までに提出し、講義(スクーリング)の全科目を受講した方を対象に、その最終日に実施します。
イ.試験内容
4肢択一試験(20問)
ロ.出題範囲
通信講習及び講義(スクーリング)で学習した内容
ハ.合否判定基準
20問中14問以上の正解を合格とします。
4. 登録講習修了者証明書交付
修了試験に合格された方には、「登録講習修了者証明書」を3枚、修了試験終了後直接、又は【講習スケジュール⑤】に特定記録郵便で送付します。 この証明書を添付して受験申込みをすると、宅地建物取引士資格試験において試験問題の一部が免除されます。
尚、修了試験不合格等未修了の方には、その旨を通知します。
5. 受講申込
[1]申込期間 11月29日(火)~ 5月26日(金)
「受講申込書」を直接本学院へご持参いただくか、「特定記録郵便」で本学院へご郵送して下さい。
※期限厳守・締切日当日消印有効

[2]受講料 16,200円(税込)教材費含みます

[3]支払方法
受講料を直接本学院へご持参いただくか、最寄りの金融機関から本学院指定の口座にお振込み下さい(振込手数料は申込者の負担となります)。
振込先

三菱東京UFJ銀行 福岡支店(当座)9020942

福岡銀行 県庁内支店(当座)8804

西日本シティ銀行 天神支店(当座)0224031

ゆうちょ銀行 記号01770-6 番号51714

いずれも口座名義は九州不動産専門学院

尚、カードでのお支払いもできます。手数料は不要です。VISA、DC、UC、JCB、NICOSその他がご利用でき、電話でのお申込みも可能です。

[4]添付書類
受講料の払込みを証する書面のコピーを受講申込書の裏面に貼付して下さい。

[5]受講不可
受講申込みされた方が受講できなくなっても、一旦納入された受講料は原則として返還しません。
但し、受講者本人が死亡もしくは受講資格がない場合(後発的事情を除く)は返還に係る振込手数料を控除した金額を返還します(証明書類要)。
6.定員
先着順に受付けますが、定員(80名)になり次第締め切ります。受講資格についてはご相談下さい。
資料請求 講座申込
電話によるお問合せも受付けております。
フリーダイヤル 0120-09-4341
受付時間 平日 8:30~21:30
土日祝 8:30~21:30
受講生に関する個人情報は、個人情報保護法に基づき、本学院で厳重に管理します。また、法令の規定に基づく場合を除いて、本人の同意なしに第三者に開示、提供しません。