【泥棒や強盗の財布に頼らないビジネスモデルを構築する】有言実行 | 九州不動産専門学院グループ


 

泥棒や強盗の財布に頼らないビジネスモデルを構築する

フェイスブック篇
平成24年10月21日
今日、10月21日はスタジオ日本の日曜討論に出演してから食事を済ませ、宅建試験の対応を確認するために出校しました。学院の講師や職員がひたむきに頑張っている姿に接し、力強さと同時に改めてこの事業の将来性を確信することが出来ました。

「中国人お断り」の張り紙を「尖閣」のポスターと一緒にエレベーターの入口に貼り出し、「解答速報会」に来られた受験生に見てもらいました。皆さん、ここは日本人の学校だと感じ本当に安心されていました。私たち日本人は聖徳太子の末裔として支那人、中国人の財布に頼らないビジネスモデルを全力で構築すべきなのです。
資料請求


Back to Top