【明日は日中国交「異常化40年」】有言実行 | 九州不動産専門学院グループ


 

明日は日中国交「異常化40年」

フェイスブック篇
平成24年09月28日
明日は日中国交「正常化40年」と産經曰く。しかしこれは嘘。敵は「正常化」の名のもとに侵略と浸食を合法的に進めてきただけ。

有史以来我が国は、「遠交近攻」や「軟土深耕」を国是とする支那とはそれが理由で「国交を結んでいない期間」のがはるかに長いはず。すなわち「正常」とはその状態のこと。天武天皇も菅原道真も「正常」な判断を下し遣唐使を廃止した。聖徳太子は1400年以上も前に対等外交を唱えた。これを「正常」と言わずしてなんという。

距離をとって対等に付き合う。1000年以上続いたこの「正常な関係」を欲にかられて「間を詰めてしまった」のが昭和47年の明日・29日に他ならない。だから日中国交「異常化40年」の表現こそが歴史の試練に耐えられる。日中国交「回復」なる造語も情報戦に負けているだけ。「締結」が正しい。
資料請求


Back to Top