【福岡縣護國神社】有言実行 | 九州不動産専門学院グループ


 

福岡縣護國神社

フェイスブック篇
平成26年08月17日
一昨日の8月15日は雨の中、孫も含め家族(今年は15人)で地元の福岡縣護國神社にお参りしました。福岡で「英霊顕彰・県民の集い」が開始された9年前の平成17年8月より昇殿参拝する参拝者の数は10倍以上になったと思います。英霊も喜ばれたことでしょう。我が家では来年こそは19人全員でお参りしたいと思います。参拝後は神社のそばの食事処でお昼をとりました。鹿児島の孫は一昨年、昨年に続き今年も「教育勅語」を全文暗唱出来ました。来年は薩摩藩士を作った「島津いろは歌」を新たにコンテスト項目に加えることにします。

いつも思うことですが、英雄を輩出されたご遺族の皆様に、その顕彰行為まで担当させる愚は早く終わらせるべきです。個人から生まれましたが、公のために命を捧げたのですから、その死は日本国民全員が共有すべきものなのです。遺族や遺族会だけのものではありません。
資料請求


Back to Top