【忠烈祠本殿の前で日台合同の記念写真を撮影しました】有言実行 | 九州不動産専門学院グループ


 

忠烈祠本殿の前で日台合同の記念写真を撮影しました

フェイスブック篇
平成25年11月22日
このような記念撮影が果たして支那や半島で許されるでしょうか。我が国が一体どの国と同盟を結ぶべきかの解答はこの写真1枚で十分です。何の落ち度もない糟糠の妻(台湾)に離縁状(国交断交)を突き付け、共産主義を国是とする一党独裁の反日国(支那)と婚姻関係(国交)を結んだ金権宰相(田中角栄)の爪痕は余りにも大きすぎ、深すぎます。正妻であるべきは、白昼での記念写真を拒まない台湾であり、日陰者は白昼での記念写真を拒み続ける支那であってしかるべきです。さて婚外子に異常な肩入れをし、正妻を疎んじる我が国最高裁の判事諸君は如何なる判決を下すでしょうか。
資料請求


Back to Top