合格者の声 | 九州不動産専門学院グループ



合格体験談 平成5年4月~平成6年3月

ƿ̾˾さん

「過去問練習が確実」

2土木(2級土木施工管理技士)  男 (29) 長崎県諫早市
 勉強する時間もとれたし、どちらかといえば試験はやさしかったです。私の勉強方法は、過去問をしっかりやりましたが、試験では似たような問題が出ました。これから受験する人にアドバイスするとすれば、過去問を中心にするのが確実な方法だと思います。今の仕事は、河川や建築物の基礎工事が主です。現場で責任を感じる場面というのはまだありませんが、これからでしょう。
匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.60483〕
ライセンスメイト 平成6年3月号・・・No.483

ĸ さん

「耳で覚える」

2土木(2級土木施工管理技士)  男 (29) 長崎県五島市
 2回目に合格しました。試験は難しかったです。私の勉強方法は、学院で講義を受けて、それを自分でテープに採り、家に帰って寝るまで繰り返し聞きました。要点を要領よく押さえた講義はとても分かりやすく役に立ちました。テキストはあまり読まず、テープを主に耳で勉強したわけです。現場では、作業のやり直しをするかしないかなどを判断しなければならない立場なので神経を使います。
田口 久さん(タグチヒサシ)〔九州建設専門学院No.57117〕
ライセンスメイト 平成6年3月号・・・No.482

さん

「頼れるのは自分」

1土木(1級土木施工管理技士・学科実地)  男 (34) 福岡県三猪郡城島町(現福岡県「久留米市」)
 実地は簡単でしたが、学科が不得手で2回目にパスしました。学科は範囲が広いですからね。仕事と勉強の両立はつらかったです。2回目も落ちたら、あきらめようと思ったほどです。受験というのは、結局は自分が頑張らないと仕方がないものですから一所懸命やりました。今の仕事は自分が興味を持っている分野なので難しいことはありませんが、従業員を使っているので責任を感じています。
石川英二さん(イシカワエイジ)〔九州建設専門学院No.51117〕
ライセンスメイト 平成6年3月号・・・No.481

͹ Űさん

「実地が難しい」

1土木(1級土木施工管理技士・学科実地)  男 (46) 大分県津久見市
 全般的な印象として、試験は難しいと感じました。特に実地は、私の場合3回受けましたが毎回形式が変わるので戸惑いました。勉強方法は、仕事が忙しいので、毎日早起きして学院のテープを聞き、問題集を消化するように努力しました。2級建築士を持っており、以前は建築の仕事をしていましたが、土木の仕事も10年になります。耐火レンガ炉の建設が多いが、楽しくやっています。
戸高 徹さん(トダカトオル)〔九州建設専門学院No.13977〕
ライセンスメイト 平成6年3月号・・・No.480

͵さん

「教材が役立った」

1建施(1級建築施工管理技士・学科実地)  男 (31) 福岡県福岡市南区
 1級建築士を持っているので実地試験だけ。気は楽でした。学科試験からだったら大変だったでしょう。それでも論文の解答パターンを知らなかったのですが、学院で具体的な教材をいただけたので苦労はせずにすみました。会社ではマンションやオフィスビルの基本設計、環境監理をしています。兵庫県の出身で福岡に赴任して約3年ですが福岡は面白い建築物も多く、住みやすく、いい所ですね。
山口裕史さん(ヤマグチヒロシ)〔九州建設専門学院No.55549〕
ライセンスメイト 平成6年1月号・・・No.479

ɧさん

「講習会は要注意」

1建施(1級建築施工管理技士・学科実地)  男 (39) 福岡県前原市(現福岡県「糸島市」)
 名称は忘れましたが、ある受験講習会を受講しました。「この中から出る」というテキストをもらってそれだけを勉強し一次試験に臨みましたが、見事に失敗でした。テキストからの出題なら98%合格の自信があったのに、問題の方向がまるきり違うのです。一緒に講習を受けた仲間はみんな不合格でした。2回目は九州建設専門学院で勉強して一次、二次とも合格しました。学校の選択は大切です。
松本正彦さん(マツモトマサヒコ)〔九州建設専門学院No.26874〕
ライセンスメイト 平成6年1月号・・・No.478

ھさん

「丸暗記で成功」

1建施(1級建築施工管理技士・学科実地)  男 (41) 福岡県久留米市
 有資格者をできるだけ多くしておこうという会社の要請で受験しました。1級建築士を持っているので試験は実地(記述)だけでした。受験対策としては、試験の前日に、4つの型の問題に対してそれぞれの解答を作って丸暗記し、成功しました。特に難しいという感じは持ちませんでした。日常の勉強は、学院のテキストを読んでいた程度ですが、本を読む機会を作ってもらえたと思っています。
黒木将英さん(クロキマサヒデ)〔九州建設専門学院No.1094035〕
ライセンスメイト 平成6年1月号・・・No.477

 さん

「自然流で…」

1建施(1級建築施工管理技士・学科実地)  男 (43) 福岡県福岡市博多区
 5、6回受けましたかねぇ。学科が通った後、実地試験を受けるのを忘れたりしました。学院の講義を受け、問題集を中心に勉強しました。特別な勉強方法というのはありません。日常の仕事と酒飲みの合間に自然流で勉強したということでしょうか。問題が易しかったのか、自分が知っている範囲が出たからなのか、あまり難しいという印象はありませんでした。学院の模範解答集は役立ちました。
山本 寛さん(ヤマモトヒロシ)〔九州建設専門学院No.53514〕
ライセンスメイト 平成6年1月号・・・No.476

 さん

「あくなき挑戦」

2建(2級建築士・学科製図)  男 (32) 福岡県大野城市
 私は毎日、勉強することを自分に義務付け、勉強したらテキストのページや章に日付を入れました。酒を飲んでも、仕事で遅くなっても、とにかくテキストを読んで日付が途切れないように努力しました。
 一日一行しか進んでいない日もありましたが、おおむね実行できました。いま、1級建築施工管理技士の学科を受講しています。40歳前にいろんな資格を取っておきたいと思っています。
林 浩司さん(ハヤシコウジ)〔九州建設専門学院No.1097222〕
ライセンスメイト 平成5年12月号・・・No.475

ʸさん

「夢が持てます」

1建(1級建築士・学科製図)  女 (32) 福岡県福岡市城南区
 最初の受験はテープで勉強しました。構造設計事務所に勤めていたので、皆が苦手の構造設計が私は得意というわけで、学科は合格。しかし、製図は不合格でした。翌年、学院の講義を受けました。講師のアドバイスが適切で、設計のポイントがよく分かり、合格できました。学科は自分である程度やれますが、設計は独学では難しい。資格を持っていると将来、友人と事務所を開く夢も持てます。
矢野文子さん(ヤノフミコ)〔九州建設専門学院No.53711〕
ライセンスメイト 平成5年12月号・・・No.474

䶶さん

「勉強1日3時間」

2建(2級建築士・学科製図)  男 (28) 福岡県嘉穂郡稲築町(現福岡県「嘉麻市」)
 父、兄と福岡県の筑豊地区一円で住宅建築工事をしています。資格を持つと自分で設計、監理までできるので取得しました。1日3時間、教科書より過去問を中心に勉強しました。間違ったところは、何度も何度も繰り返しました。
 建築の計画、施工は一応の勉強でできましたが構造計算、法規はなじみが薄いため、勉強にも時間がかかりました。
 現在、仕事は切れ目なく入り、まぁ、忙しい毎日です。
岩橋勝徳さん(イワハシカツノリ)〔九州建設専門学院No.2885〕
ライセンスメイト 平成5年12月号・・・No.473

さん

「仕事と酒と勉強と」

1建(1級建築士・学科製図)  男 (37) 福岡県太宰府市
 入社以来11年、土木の仕事をしていたのですが建築をすることになり、社命で学院に行き資格を取りました。講義を真剣に聞き、過去問の消化を中心に勉強しました。受験には要領も必要です。特に製図では、出題者が何を求めているかを読みとらなければなりません。この点は、講師に教わったことが役に立ちました。仕事をして、酒も飲んで、勉強して、のトリプルプレーで大変でした。
行武克己さん(ユクタケカツミ)〔九州建設専門学院No.20190〕
ライセンスメイト 平成5年12月号・・・No.472

ܰさん

「目的が支え」

調査士(土地家屋調査士)  男 (38) 福岡県糟屋郡志免町
 択一式の組み合わせの問題が難しかったですね。私がした択一式の勉強方法は目覚まし時計で一定の時間をセットし、問題を解いて時間がきたらやめる。それを採点して間違ったところを覚え、また一定時間、解答する。
 これを繰り返すと、何問まで進んだかで自分の力が分かります。会社勤めからの転身ですが、独立する、という目的があったので挫折せずにやり通せました。
栗山養一さん(クリヤマヨウイチ)〔九州不動産専門学院No.2039390〕
ライセンスメイト 平成5年11月号・・・No.471

 さん

「プロの充実感」

調査士(土地家屋調査士)  男 (39) 福岡県福岡市博多区
 大学を出て大阪のスポーツウェアメーカーに勤めていましたが、転勤が多く子供の教育の問題などもあって脱サラを決心しました。司法書士の大学の先輩に相談して、調査士の存在を知り、資格を取りました。
 今、開業1年と少し。責任のある業務だけに、やり遂げた時は充実感があり、また自分がした仕事で報酬額が決まる。一人のプロとして、サラリーマン時代より満足感を覚えています。
高崎 貢さん(タカサキミツグ)〔九州不動産専門学院No.2044470〕
ライセンスメイト 平成5年11月号・・・No.470

ƶ Źさん

「反復学習が奏効」

調査士(土地家屋調査士)  男 (35) 福岡県福岡市東区
 大学の土木工学科を出て建設会社勤務、と理工系の道を進んできましたが、試験は法律が中心の文化系。畑違いで面くらいました。2年目に合格しましたが最初の一年は教科書に書いてあることの意味が分からず頭に残りませんでした。2年目に入って概要がつかめほぼ完全に理解できました。
 学院の1年目後半からの補習が大変役に立ったと思います。理屈抜きで反復学習したのが効果的でした。
洞 重剛さん(ホラシゲタケ)〔九州不動産専門学院No.2081860〕
ライセンスメイト 平成5年11月号・・・No.469

Ҿさん

「両手に花」

調査士(土地家屋調査士)  男 (27) 福岡県北九州市小倉北区
 大学を出てサラリーマンをしましたが、独立を目指して資格を取りました。結果的には家業を継ぐ形になりましたが、大学で学んだ法律を生かせるので自分に向いているし、若い人が少ないのでやりがいがあります。
 昨年5月開業、今年4月に結婚しました。資格がなかったら先が見えないので結婚していなかったでしょうね。合格のコツは、学院の講義についてゆくこと。これしかないでしょう。
白石智勝さん(シライシトモカツ)〔九州不動産専門学院No.2074690〕
ライセンスメイト 平成5年11月号・・・No.468

 さん

「ぎりぎり合格」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (30) 沖縄県島尻郡南風原町
 仕事とは関係なしで、いずれ役に立つこともあるだろう、という気持ちで受験しました。
 学院の通信教育コースに申し込んだのが試験の2、3ヶ月前。勉強もあまりしなかったので、ギリギリのところで合格しました。
 資格取得が趣味のようになり、目下、土地家屋調査士の勉強中です。宅建主任の前は、工業高校時代に取れなかった測量士補を取り、夢を叶えました。
坂中 博さん(サカナカヒロシ)〔九州不動産専門学院No.35996〕
ライセンスメイト 平成5年10月号・・・No.467

ͥさん

「頑張り奥さん」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (42) 福岡県宗像市
 勉強できるのはこれが最後と思い、勉強に取りかかったのが一昨年の盆過ぎ。2ヶ月そこそこの独学で受験したら4点不足でした。合格には、若干の時間とお金をかけなければ、と昨年5月から学院の通信教育コースを受講しました。
 家庭と仕事を持っての勉強は大変でした。
 本格的な勉強ができたのはお盆の集中講義から。試験前一週間は会社に休みをもらって朝から晩まで頑張りました。
樋口優子さん(ヒグチユウコ)〔九州不動産専門学院No.2059470〕
ライセンスメイト 平成5年10月号・・・No.466

̺׼さん

「夫唱婦随」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (38) 福岡県古賀市
 現在の勤務先は農協の不動産部門が独立した会社で、私は農協からの出向です。出向2ヶ月目に独学で受験して失敗。2回目は学院の通信教育コースを受講して合格しました。
 2回目の時は、私の刺激になるようにと家内にも勉強させたら、2人一緒に合格でした。仕事が忙しくて勉強の時間作りが大変でした。
 合格には、問題の読解力とスピードが必要ですね。
北崎久治さん(キタザキヒサハル)〔九州不動産専門学院No.46418〕
ライセンスメイト 平成5年10月号・・・No.465

߷さん

「3ヶ月は必死」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (26) 福岡県福岡市中央区
 不動産会社ですから資格取得は必要条件。入社1年目に受験しました。
 ところが、これは失敗でした。日常の仕事の中の知識でやれると思って勉強しなかったのです。しかし、実務と試験用の解答は別物ですね。
 それで、入社2年目の昨年は学院に入って勉強し、合格しました。試験3ヶ月前からは必死でした。同じ支店で後輩の2人と合わせ、3人一挙合格でした。
今澤貴史さん(イマザワタカシ)〔九州不動産専門学院No.46786〕
ライセンスメイト 平成5年10月号・・・No.464

Τさん

「開業しました」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (32) 佐賀県佐賀市
 8月に自分の会社を持ちました。
 昨年、1回目の受験で合格。どこかに勤めようと思っていましたが、不動産に詳しい兄が『独立した方が勉強になる』と勧めるので踏み切りました。
 銀行に勤めている時、病気がちの主人を支えるために何か資格をとろうと思ってなんとなく買ったのが宅建主任の本でした。兄が、取ってみたら、というので学院に通ったわけです。
井上里美さん(イノウエサトミ)〔九州不動産専門学院No.40628〕
ライセンスメイト 平成5年10月号・・・No.463

 さん

「模試で作戦」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (43) 福岡県福岡市東区
 一回で合格しましたが、権利関係が難しかった。実務でも難しい分野です。
 試験は、短時間で問題を理解し解答を出す、いわば時間との勝負です。法令をよく理解することと、時間の配分が大切です。
 私は模擬試験で、どの問題から取りかかるのが有利か、など時間配分の作戦を立てました。模擬試験は本試験と同じ状況で実施されるので、できるだけ受けたほうがよいと思います。
諸岡 博さん(モロオカヒロシ)〔九州不動産専門学院No.41739〕
ライセンスメイト 平成5年10月号・・・No.462

Ӱさん

「基本が大事」

下水処(下水道管理技術認定・処理施設)  男 (39) 福岡県前原市(現福岡県「糸島市」)
 前に勤務していた会社と、他の会社の共同出資で公社が出来ると聞いたので、自分も行きたいと思っていたら「技士の認定試験に合格したら行かせてやる」とのことだったので勉強しました。1回目は専門書を買って独学でやりましたが失敗。2回目は学院に通って1年間みっちり勉強して合格しました。問題は全分野から幅広く出るので、間題集だけでは押さえきれません。基本の勉強が必要です。
井上俊一さん(イノウエシュンイチ)〔九州建設専門学院No.2082140〕
ライセンスメイト 平成5年9月号・・・No.461

IJさん

「過去問題の消化を」

下水処(下水道管理技術認定・処理施設)  男 (33) 福岡県宗像郡福間町(現福岡県「福津市」)
 仕事上必要だつたので取りました。酸素欠乏危険作業主任者や産業廃棄物処理技術関係など資格はたくさん持っていますが、下水道の試験が一番難しかった。4回目でパスしたと思います。2回目までは組合の勉強会に出ましたがよく分からなかった。学院では、水の流れを筋道だてて教えてくれたので、自分でも驚くほどよく分かった。水の流れを把握して、過去の問題を消化すれば大丈夫です。
林田賀津利さん(ハヤシダカツトシ)〔九州建設専門学院No.2061160〕
ライセンスメイト 平成5年9月号・・・No.460

¼ さん

「ここしかなかった中小企業診断士の学校」

中企士(中小企業診断士)  男 (35) 山口県宇部市
 住宅建材の会社に勤務していた頃、何か仕事で役立てられる資格はないかと考えて、中小企業診断士の資格に挑戦することにしました。早速、山口で学校を探したのですがこの講座をやっている学校がなく福岡までエリアを広げて学校探しをしました。いくつかの学校から資料を取り寄せて検討し、普通の通信教育と違い、教室講義の生録音のテープが付いていて教材がしっかりしているので、九州法律専門学院で勉強しました。
 テープを聞き、教科書やノートをチェックしていくと全体が把握でき、通勤途中や仕事の移動中の時に車の中でも何度もテープを繰り返し聞きました。このことは、自分の思っていたよりずっと効果的でした。
 仕事を持っている人なら皆同じだと思いますが、私も勉強時間の確保が1番大変でした。1年間勉強してみて思ったことですが、計画はある程度立てていたのですが思う様にはいかないものです。仕事がつまっていてなかなか時間のとりにくいことや、ヤル気がなくなりそうになることもあります。今日は疲れているからとか、勉強に行き詰まった時など、だんだん自信もなくなりつい弱気になってしまいます。
 ですから、資格を取りたいとか、何かを始めようと思ったらすぐに取り掛かることをお勧めします。準備は何事も早めに取り掛かる方がよいですね。私も1年の勉強の間には色々とあって自分の思い通りにいかない時期もありましたが、早めに準備していたお陰で何とか予定通りに資格を取得することができました。
 これから資格に挑戦される方には頑張ってもらいたいですね。
木村 智さん(キムラサトシ)〔九州法律専門学院No.2078930〕
ライセンスメイト 平成5年8月号・・・No.459

ʹさん

「慢心は敵」

社労士(社会保険労務士)  男 (44) 福岡県福岡市博多区
 わりに楽に宅建主任に合格したので、この程度なら、と安易な気持ちで社労士にも挑戦…合格には達しないものの、そこそこの成績だったのが苦労の始まり。そのうち合格するだろうという甘い考えで独学を続け、さらに2度失敗。学院に通い、4度目の挑戦で合格を手にできました。1日10時間の勉強を4ヶ月続けました。将来は企業に入るか、学校の講師を目ざしてます。
秋永康仁さん(アキナガヤスヒト)〔九州法律専門学院No.2051630〕
ライセンスメイト 平成5年7月号・・・No.458

Ĺさん

「独学では無理」

社労士(社会保険労務士)  女 (32) 福岡県筑後市
 勤務先で、以前から社会保険の事務をしていました。でも、指示通りに書類を記入するだけで意味が分からなかった。自分がしていることの意味が分かるように勉強しようと思ったのが学院に入った動機です。4回目くらいの講義で、労基法が難しくて自分には無理かな、と挫折しかけたこともありましたが踏みとどまりました。独学では合格は難しい。学院に通ってよかったと思っています。
貝田弘子さん(カイダヒロコ)〔九州法律専門学院No.32150〕
ライセンスメイト 平成5年7月号・・・No.457

Ƿさん

「間もなく開業」

社労士(社会保険労務士)  男 (36) 熊本県熊本市
 現在、実務の研修中です。12年間の銀行員生活から転身しました。まず、宅建主任者資格を取って社労士は昨年7月の合格です。社労士を選択したのは、自分で仕事をするのに有利だと考えたからです。
 銀行員時代は、勤務時間も長く気分的に余裕が持てなかった。社労士は企業の労務コンサルタントもできるし、自分の人生にとっても有意義な仕事だと思います。7月には開業の予定です。
松尾信之さん(マツオノブユキ)〔九州法律専門学院No.3423〕
ライセンスメイト 平成5年7月号・・・No.456

ͭさん

「充実してます」

社労士(社会保険労務士)  女 (28) 福岡県福岡市博多区
 一生働こうと思っているので、そのために勉強しようと思いました。労働基準法や年金問題に関心があったので社労士を選びました。実務経験を積んで、できれば将来は独立したいと思っています。
 女子大を卒業して、しばらく大学で事務の仕事をしていました。社労士の仕事をするようになって、充実感を感じます。いわれるままではなく、仕事に自分の判断が生かされるのでやりがいを感じます。
石田尾有紀子さん(イシダオユキコ)〔九州法律専門学院No.41746〕
ライセンスメイト 平成5年7月号・・・No.455

さん

「主人に協力も」

2建(2級建築士・学科製図)  女 (24) 福岡県福岡市西区
 1級建築士事務所に勤めていた時、「自分が設計したものが建物になるって、いいなぁ」と建築士資格に興味を持ちました。授業はけっこうむずかしかったです。
 平成3年の学科に次いで製図に合格しましたので、さらに興味が広がって、現在、学院でパースの勉強をしています。建築士資格とパースの技術があれば赤ちゃんが産まれても家で仕事ができるし、1級建築士の主人が将来独立するときも協力できると思っています。
山口富美子さん(ヤマグチフミコ)〔九州建設専門学院No.4859〕
ライセンスメイト 平成5年6月号・・・No.454

ʿ さん

「まずは資格を」

2建(2級建築士・学科製図)  男 (49) 東京都武蔵野市
 図書館や業務用のスチール書だな、物品だななどのメーカーで設計、積算が仕事。建物の施工業者との打ち合わせが多く“建築”の知識が必要だった。
 学院で勉強してよかった。試験合格を目標にきちんと方向づけしてくれるので無駄がなかった。資格は自動車免許と同じ。
 まず資格を取得して、実際に道路を走りながら、つまり“日常の仕事の中で勉強し”なれてゆけばよい。次は1級を目指します。
平石 勲さん(ヒライシイサオ)〔九州建設専門学院No.2036970〕
ライセンスメイト 平成5年6月号・・・No.453

さん

「キャリアアップ」

2建(2級建築士・学科製図)  女 (43) 福岡県福岡市早良区
 業界では高名な売れっ子のディスプレイコーディネーター。仕事をこなす中でインテリアコーディネーター資格の取得を思い立ち、それが『どうせなら』と建築士資格へのチャレンジになった。今の仕事に『とても役に立つ』という。『一応、全教程が終わったら模擬試験で自分の実力を知ること。そして足りないところを補うことの繰り返し』と、目下勉強中の後輩達に合格のコツを伝授する。
上園公孝さん(ウエゾノキミコ)〔九州建設専門学院No.29457〕
ライセンスメイト 平成5年6月号・・・No.452

ݲさん

「全日制合格者の声/充実感を求めて」

CAD(CADインストラクター)  男 (26) 福岡県糟屋郡志免町
 作業のスピードをはじめ合理性、利便性を考えると、これからはCADの時代になると思います。
 以前、積算会社で建築見積の仕事をしていましたが他人の仕事の手伝いのようで充実感がなく、自分で図面を引きたいと思ったのがCADを始めた動機です。
 認定合格の秘けつは、練習を積み重ねることです。学院ではCADを自由に使わせてもらえたので、よかったと思います。
竹下雅康さん(タケシタマサヤス)〔専門学校ライセンスカレッジNo.26534〕
ライセンスメイト 平成5年6月号・・・No.451

ػさん

「毎日が勉強」

CAD(CADインストラクター)  女 (26) 佐賀県小城市
 故郷の県庁で事務員のアルバイトをしていましたが技術を身につければ就職に有利と思いました。以前から興味を持っていた建築関係で捜すうちにCADを知り『これなら自分でできる』と選びました。いま、一般住宅の図面作成などをしています。学院でひと通り習っているのですが、プロになると毎日が勉強です。
 一般の事務とは違う専門の仕事に誇りを持ってやっています。
牛島敦子さん(ウシジマアツコ)〔九州建設専門学院No.33566〕
ライセンスメイト 平成5年6月号・・・No.450

さん

「楽しんでいます」

CAD(CADインストラクター)  女 (22) 福岡県筑紫野市
 技術部設計課で設計図やパースを描くのが仕事。
 バイト時代を含めて社歴約一年。学院で習ったことを基礎に、それなりに仕事を楽しんでいます。芸術短大で工芸デザインを専攻。建築に興味があったので、2級建築士を目ざしたのですが、受験資格が満たせなくてCADに方向転換しました。勉強してなかったので半分あきらめていたのに、合格できてうれしかった。
大庭麻美さん(オオバマミ)〔九州建設専門学院No.46076〕
ライセンスメイト 平成5年6月号・・・No.449


Back to Top