合格者の声 | 九州不動産専門学院グループ



合格体験談 平成6年4月~平成7年3月

¼さん

「全日制合格者座談会」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (21) 福岡県鞍手郡小竹町
 数ある国家資格の中でもエース級が、宅建主任者資格。土地・建物などの不動産を扱う時の国家資格である。
 わがライセンスカレッジでは平成6年度の宅地建物取引主任者試験に見事5名が合格した。
 うち3人の方に集まって頂き喜びの合格者座談会を開いた。
    ──────────────────────────────────────────────
 司会 今日は宅建試験に合格した皆さんでしたね。昨年、試験に合格し、晴れて新春を迎えたわけですね。うれしさも2倍でしょう、おめでとうございます。さて、まず、宅建合格の目的、狙いから聞きましょうか。
 [大村] やっぱり就職とかが有利になるからです。
 [藤生] 将来は独立ということも考えてますが…。もともと不動産に興味があって…、不動産って動くお金が大きいでしょう。
 [藤谷] 宅建につづいて、建築士を狙ってます。2級から1級へ、その他、1・2級土木施工管理技士にも興味がありますね。
 司会 明るくていいですね。皆さんは、ライセンスカレッジの1年生だよね。その1年生でいきなり宅建合格とはすごいね。カレッジ入校のきっかけは。
 [藤生] やっぱり、高校の先生の紹介でした。
 [大村] 私は、電話で資料請求をしたんです。
 [藤谷] ライセンスカレッジは合格率がいいから。ともかく今は合格してホッとした、というです。
 司会 今回の試験はどうでしたか。
 [大村] 民法と税金が難しかたです。数字がいろいろあって混乱しました。1日に4、5時間は勉強しました。
    (傍らから、先生方から最も成績がよかった、というコメントがあった)。
 [藤生] うちは父と姉と私と3人で受験しまして、1ヶ月前から1日3時間ぐらいはやりました。姉に負けたくなかったんで。
 [藤谷] 直前に集中しました。やっぱり民法が難しかったですね。
 司会 いよいよ皆さんはライセンスカレッジの2年生ですね。2年目はどうしますか。
 [大村] 行政書士、司法書士に挑戦したい。
 [藤生] 測量士補ですね。
 [藤谷] 私は2級建築士めざして頑張ります。
 司会 本日はどうも有難うございました。
大村美佐代さん(オオムラミサヨ)〔専門学校ライセンスカレッジNo.65169〕
ライセンスメイト 平成7年3月号・・・No.538

ƣ さん

「全日制合格者座談会」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (20) 福岡県山門郡三橋町(現福岡県「柳川市」)
 数ある国家資格の中でもエース級が、宅建主任者資格。土地・建物などの不動産を扱う時の国家資格である。
 わがライセンスカレッジでは平成6年度の宅地建物取引主任者試験に見事5名が合格した。
 うち3人の方に集まって頂き喜びの合格者座談会を開いた。
    ──────────────────────────────────────────────
 司会 今日は宅建試験に合格した皆さんでしたね。昨年、試験に合格し、晴れて新春を迎えたわけですね。うれしさも2倍でしょう、おめでとうございます。さて、まず、宅建合格の目的、狙いから聞きましょうか。
 [大村] やっぱり就職とかが有利になるからです。
 [藤生] 将来は独立ということも考えてますが…。もともと不動産に興味があって…、不動産って動くお金が大きいでしょう。
 [藤谷] 宅建につづいて、建築士を狙ってます。2級から1級へ、その他、1・2級土木施工管理技士にも興味がありますね。
 司会 明るくていいですね。皆さんは、ライセンスカレッジの1年生だよね。その1年生でいきなり宅建合格とはすごいね。カレッジ入校のきっかけは。
 [藤生] やっぱり、高校の先生の紹介でした。
 [大村] 私は、電話で資料請求をしたんです。
 [藤谷] ライセンスカレッジは合格率がいいから。ともかく今は合格してホッとした、というです。
 司会 今回の試験はどうでしたか。
 [大村] 民法と税金が難しかたです。数字がいろいろあって混乱しました。1日に4、5時間は勉強しました。
    (傍らから、先生方から最も成績がよかった、というコメントがあった)。
 [藤生] うちは父と姉と私と3人で受験しまして、1ヶ月前から1日3時間ぐらいはやりました。姉に負けたくなかったんで。
 [藤谷] 直前に集中しました。やっぱり民法が難しかったですね。
 司会 いよいよ皆さんはライセンスカレッジの2年生ですね。2年目はどうしますか。
 [大村] 行政書士、司法書士に挑戦したい。
 [藤生] 測量士補ですね。
 [藤谷] 
藤生 尚さん(フジオタカシ)〔専門学校ライセンスカレッジNo.69202〕
ライセンスメイト 平成7年3月号・・・No.538

ƣëさん

「全日制合格者座談会」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (22) 長崎県東彼杵郡川棚町
 数ある国家資格の中でもエース級が、宅建主任者資格。土地・建物などの不動産を扱う時の国家資格である。
 わがライセンスカレッジでは平成6年度の宅地建物取引主任者試験に見事5名が合格した。
 うち3人の方に集まって頂き喜びの合格者座談会を開いた。
    ──────────────────────────────────────────────
 司会 今日は宅建試験に合格した皆さんでしたね。昨年、試験に合格し、晴れて新春を迎えたわけですね。うれしさも2倍でしょう、おめでとうございます。さて、まず、宅建合格の目的、狙いから聞きましょうか。
 [大村] やっぱり就職とかが有利になるからです。
 [藤生] 将来は独立ということも考えてますが…。もともと不動産に興味があって…、不動産って動くお金が大きいでしょう。
 [藤谷] 宅建につづいて、建築士を狙ってます。2級から1級へ、その他、1・2級土木施工管理技士にも興味がありますね。
 司会 明るくていいですね。皆さんは、ライセンスカレッジの1年生だよね。その1年生でいきなり宅建合格とはすごいね。カレッジ入校のきっかけは。
 [藤生] やっぱり、高校の先生の紹介でした。
 [大村] 私は、電話で資料請求をしたんです。
 [藤谷] ライセンスカレッジは合格率がいいから。ともかく今は合格してホッとした、というです。
 司会 今回の試験はどうでしたか。
 [大村] 民法と税金が難しかたです。数字がいろいろあって混乱しました。1日に4、5時間は勉強しました。
    (傍らから、先生方から最も成績がよかった、というコメントがあった)。
 [藤生] うちは父と姉と私と3人で受験しまして、1ヶ月前から1日3時間ぐらいはやりました。姉に負けたくなかったんで。
 [藤谷] 直前に集中しました。やっぱり民法が難しかったですね。
 司会 いよいよ皆さんはライセンスカレッジの2年生ですね。2年目はどうしますか。
 [大村] 行政書士、司法書士に挑戦したい。
 [藤生] 測量士補ですね。
 [藤谷] 私は2級建築士めざして頑張ります。
 司会 本日はどうも有難うございました。
藤谷憲治さん(フジタニケンジ)〔専門学校ライセンスカレッジNo.35282〕
ライセンスメイト 平成7年3月号・・・No.538

Ľさん

「時代を先取り」

2土木(2級土木施工管理技士)  男 (43) 福岡県春日市
 会社は交通標識の製作、設置が仕事で、官公庁が主な受注先です。仕事の中に、当然基礎工事や土工が入ってきます。従って、現在は必要ありませんが、将来は受注の条件としてその方面の技術者をそろえておかなければならない時代がやって来ると思っています。事実、官庁へ提出する書類には技術者の氏名を記入する欄が設けてあります。将来の要請に備えて、自分がまず資格を取りました。
原田俊二さん(ハラダジュンジ)〔九州建設専門学院No.8753〕
ライセンスメイト 平成7年3月号・・・No.537

さん

「成せば成る」

2土木(2級土木施工管理技士)  男 (44) 鹿児島県串木野市(現鹿児島県「いちき串木野市」)
 試験はむずかしかったですね。合格できてホッとしています。前回の受験では酒を飲むのもやめて勉強に打ち込んだので、そこそこ自信はあったのですが、だめ。すっかり自信を失いましたが元気をつけて、また挑戦したわけです。受験勉強中は勤務地が宮崎だったので現場への往復の車の中で、しっかりテープを聴きました。仕事に必要な資格なので、今は苦労のかいがあったと思っています。
池田米穂さん(イケダヨネオ)〔九州建設専門学院No.35847〕
ライセンスメイト 平成7年3月号・・・No.536

ӵさん

「資格で勝負」

2土木(2級土木施工管理技士)  女 (34) 福岡県大牟田市
 勤めているのは土木設計の事務所です。設計助手の仕事をしているのですが、女性というだけで男性より給料が安いのです。私のあとに男性が2人入社してきました。学歴は私と同じですが経験は私の方が上。それなのに、給料は新入社員の方が高い。こうなったら資格を取るしかない、と考えて挑戦しました。1回で合格です。昨年末、証書が届いたので、社長も給料を上げてくれそうです。
鴻池久美さん(コウノイケクミ)〔九州建設専門学院No.64355〕
ライセンスメイト 平成7年3月号・・・No.535

 さん

「2級の余勢で」

1土木(1級土木施工管理技士・学科実地)  男 (26) 長崎県北高来郡高来町(現長崎県「諫早市」)
 自信満々というわけではありませんが、試験はそう難しいとも感じませんでした。学院から届いた資料とテープで2ヶ月くらい前から1日1~2時間勉強したでしょうか。一発で合格でした。もっとも、前年に2級に合格していたので、その時の感覚は残っていました。2級合格の余勢を駆って1級にもゴールインしたというところでしょうか。日常の仕事の中で、資格の必要性を感じます。
坂口 渉さん(サカグチワタル)〔九州建設専門学院No.61007〕
ライセンスメイト 平成7年3月号・・・No.534

 さん

「2ヶ月間の集中」

1土木(1級土木施工管理技士・学科実地)  男 (30) 宮崎県日南市
 受験の半年くらい前から勉強にとりかかりましたが、終わりの2ヶ月間は酒も飲まず、毎日夜の8時か9時ごろから3時間くらい集中的に勉強しました。試験の時勉強してなかった問題が出て難しいと感じましたが幸い1回で合格しました。

 道路や砂防の仕事をしています。広域農道建設は、すでに10年くらいやっていますが、あと5、6年は続きそうなスケールの大きな仕事です。
日高 一さん(ヒダカハジメ)〔九州建設専門学院No.66061〕
ライセンスメイト 平成7年3月号・・・No.533

ǻ˧さん

「信号待ちでも1問」

1土木(1級土木施工管理技士・学科実地)  女 (42) 長崎県北松浦郡鷹島町(現長崎県「松浦市」)
 私が受験した年度から出題傾向が変わったようで戸惑いました。暗記だけではだめで、全体を理解していないと解答できなような問題でした。10年分の過去問題を丸暗記するくらい勉強しましたが、仕事と家事の合間をぬっての勉強ですから大変でした。

 常に問題集を持ち歩き、車を運転している時には、信号待ちでも開いて1問でも覚えるように努力しました。夜も深夜までがんばりました。
椎山芳恵さん(シイヤマヨシエ)〔九州建設専門学院No.61171〕
ライセンスメイト 平成7年3月号・・・No.532

ƣ߻さん

「全日制合格者座談会」

CAD(CAD利用技術者2級)  男 (20) 福岡県久留米市
 建築設計などに今や必要不可欠となったCADであるが、平成6年度第5回CAD利用技術者試験(2級)は、旧冬10月23日に実施され、合格者が発表された。全国の受験者数は7,043名、合格者2,354名。合格率33.4%、グループ校全体では合格率77.3%、中でもライセンスカレッジの受験者は9名中8名合格合格率88.9%という驚異的な好成績をあげた。そこで、合格者4名の方に集まってもらい、喜びの合格者座談会を開いた。
──────────────────────────────────────────────
 司会 皆さん、CAD試験合格おめでとうございます。まず、合格のポイントから。
 [藤崎] 資格をとりたかったので、試験の1ヶ月前から猛勉強しました。
 [大饗] CADは高校の時からやっていましたが、カレッジでは先生がすばらしいのでよかったと思います。
 [林 ]  以前からCAD資格はぜひ欲しかった。だからとてもうれしいです。
 [原田] パソコンとかに興味があったんで、CADの授業について行けたと思います。
 司会 まだ、今後1級の試験もありますが、将来の夢をきかせて下さい。
 [藤崎] CADの他に宅建と建築士の資格をとりたいし、その上で独立したいと考えています。
 [大饗] 私も事業に生かしたい。設計の仕事をやりたいです。
 [林  ] 私は製図かくのが好きですから、将来は戸建住宅の設計をやりたいですね。
 [原田] 趣味は機械いじりなんです。それでCADにもなじみますし、目標は就職よりも会社をつくりたいです。
 司会 皆さんの後につづく、後輩へ何か一言ありますか。
 [藤崎] そうですね。地道に勉強して欲しい、ということです。
 [大饗] やっぱり努力が一番と思います。
 [林  ] 建築と一口に言っても奥が深いですから、まず、資格をとることではないでしょうか。
 [原田] もちろん資格は大事ですが、自らを鍛えるためにも資格取得は必要です。
 司会 どうも、今日は皆さん忙しい中、ご出席ありがとうございました。
藤崎淳児さん(フジサキジュンジ)〔専門学校ライセンスカレッジNo.74666〕
ライセンスメイト 平成7年1月号・・・No.531

 さん

「全日制合格者座談会」

CAD(CAD利用技術者3級)  男 (20) 福岡県田川市
 建築設計などに今や必要不可欠となったCADであるが、平成6年度第5回CAD利用技術者試験(2級)は、旧冬10月23日に実施され、合格者が発表された。全国の受験者数は7,043名、合格者2,354名。合格率33.4%、グループ校全体では合格率77.3%、中でもライセンスカレッジの受験者は9名中8名合格合格率88.9%という驚異的な好成績をあげた。そこで、合格者4名の方に集まってもらい、喜びの合格者座談会を開いた。
──────────────────────────────────────────────
 司会 皆さん、CAD試験合格おめでとうございます。まず、合格のポイントから。
 [藤崎] 資格をとりたかったので、試験の1ヶ月前から猛勉強しました。
 [大饗] CADは高校の時からやっていましたが、カレッジでは先生がすばらしいのでよかったと思います。
 [林 ]  以前からCAD資格はぜひ欲しかった。だからとてもうれしいです。
 [原田] パソコンとかに興味があったんで、CADの授業について行けたと思います。
 司会 まだ、今後1級の試験もありますが、将来の夢をきかせて下さい。
 [藤崎] CADの他に宅建と建築士の資格をとりたいし、その上で独立したいと考えています。
 [大饗] 私も事業に生かしたい。設計の仕事をやりたいです。
 [林  ] 私は製図かくのが好きですから、将来は戸建住宅の設計をやりたいですね。
 [原田] 趣味は機械いじりなんです。それでCADにもなじみますし、目標は就職よりも会社をつくりたいです。
 司会 皆さんの後につづく、後輩へ何か一言ありますか。
 [藤崎] そうですね。地道に勉強して欲しい、ということです。
 [大饗] やっぱり努力が一番と思います。
 [林  ] 建築と一口に言っても奥が深いですから、まず、資格をとることではないでしょうか。
 [原田] もちろん資格は大事ですが、自らを鍛えるためにも資格取得は必要です。
 司会 どうも、今日は皆さん忙しい中、ご出席ありがとうございました。
大饗 進さん(オオアイススム)〔専門学校ライセンスカレッジNo.67407〕
ライセンスメイト 平成7年1月号・・・No.531

 Ϻさん

「全日制合格者座談会」

CAD(CAD利用技術者4級)  男 (19) 福岡県筑紫野市
 建築設計などに今や必要不可欠となったCADであるが、平成6年度第5回CAD利用技術者試験(2級)は、旧冬10月23日に実施され、合格者が発表された。全国の受験者数は7,043名、合格者2,354名。合格率33.4%、グループ校全体では合格率77.3%、中でもライセンスカレッジの受験者は9名中8名合格合格率88.9%という驚異的な好成績をあげた。そこで、合格者4名の方に集まってもらい、喜びの合格者座談会を開いた。
──────────────────────────────────────────────
 司会 皆さん、CAD試験合格おめでとうございます。まず、合格のポイントから。
 [藤崎] 資格をとりたかったので、試験の1ヶ月前から猛勉強しました。
 [大饗] CADは高校の時からやっていましたが、カレッジでは先生がすばらしいのでよかったと思います。
 [林 ]  以前からCAD資格はぜひ欲しかった。だからとてもうれしいです。
 [原田] パソコンとかに興味があったんで、CADの授業について行けたと思います。
 司会 まだ、今後1級の試験もありますが、将来の夢をきかせて下さい。
 [藤崎] CADの他に宅建と建築士の資格をとりたいし、その上で独立したいと考えています。
 [大饗] 私も事業に生かしたい。設計の仕事をやりたいです。
 [林  ] 私は製図かくのが好きですから、将来は戸建住宅の設計をやりたいですね。
 [原田] 趣味は機械いじりなんです。それでCADにもなじみますし、目標は就職よりも会社をつくりたいです。
 司会 皆さんの後につづく、後輩へ何か一言ありますか。
 [藤崎] そうですね。地道に勉強して欲しい、ということです。
 [大饗] やっぱり努力が一番と思います。
 [林  ] 建築と一口に言っても奥が深いですから、まず、資格をとることではないでしょうか。
 [原田] もちろん資格は大事ですが、自らを鍛えるためにも資格取得は必要です。
 司会 どうも、今日は皆さん忙しい中、ご出席ありがとうございました。
林 慎一郎さん(ハヤシシンイチロウ)〔専門学校ライセンスカレッジNo.66650〕
ライセンスメイト 平成7年1月号・・・No.531

さん

「全日制合格者座談会」

CAD(CAD利用技術者5級)  男 (20) 福岡県久留米市
 建築設計などに今や必要不可欠となったCADであるが、平成6年度第5回CAD利用技術者試験(2級)は、旧冬10月23日に実施され、合格者が発表された。全国の受験者数は7,043名、合格者2,354名。合格率33.4%、グループ校全体では合格率77.3%、中でもライセンスカレッジの受験者は9名中8名合格合格率88.9%という驚異的な好成績をあげた。そこで、合格者4名の方に集まってもらい、喜びの合格者座談会を開いた。
──────────────────────────────────────────────
 司会 皆さん、CAD試験合格おめでとうございます。まず、合格のポイントから。
 [藤崎] 資格をとりたかったので、試験の1ヶ月前から猛勉強しました。
 [大饗] CADは高校の時からやっていましたが、カレッジでは先生がすばらしいのでよかったと思います。
 [林 ]  以前からCAD資格はぜひ欲しかった。だからとてもうれしいです。
 [原田] パソコンとかに興味があったんで、CADの授業について行けたと思います。
 司会 まだ、今後1級の試験もありますが、将来の夢をきかせて下さい。
 [藤崎] CADの他に宅建と建築士の資格をとりたいし、その上で独立したいと考えています。
 [大饗] 私も事業に生かしたい。設計の仕事をやりたいです。
 [林  ] 私は製図かくのが好きですから、将来は戸建住宅の設計をやりたいですね。
 [原田] 趣味は機械いじりなんです。それでCADにもなじみますし、目標は就職よりも会社をつくりたいです。
 司会 皆さんの後につづく、後輩へ何か一言ありますか。
 [藤崎] そうですね。地道に勉強して欲しい、ということです。
 [大饗] やっぱり努力が一番と思います。
 [林  ] 建築と一口に言っても奥が深いですから、まず、資格をとることではないでしょうか。
 [原田] もちろん資格は大事ですが、自らを鍛えるためにも資格取得は必要です。
 司会 どうも、今日は皆さん忙しい中、ご出席ありがとうございました。
原田琢也さん(ハラダタクヤ)〔専門学校ライセンスカレッジNo.71978〕
ライセンスメイト 平成7年1月号・・・No.531

ӱѽさん

「今、人生の花開く」

司法(司法書士)  男 (46) 福岡県甘木市(現福岡県「朝倉市」)
 合格通知の書留を持った郵便配達が自宅にやってきた。「印鑑をお願いします」。印鑑を押す菊池さんの手は震えていた。7年間待ち続けた日が、いま、やってきたのだ。「天にも昇る気持ちとはこのことだろうか」と菊池さんは思った。昨年11月下旬のことである。菊池さんは昭和49年から甘木市農業協同組合に勤めていた。融資業務を担当するうちに、司法書士と知り合いになった。社会的地位は高いし、人々の信頼を得られる仕事。菊池さんは司法書士にあこがれを抱き、ついに司法書士への転身を決意した。

 同62年に農協を退職し九州不動産専門学院の門をくぐった。仕事を辞めて、2、3年受験勉強に専念すれば合格するだろうと踏んだのだった。以後、毎年チャレンジするが、現実は厳しかった。

 平成2年に福岡県の下水道公社の下請け会社に就職。長期戦の構えを敷いた。日勤、夜勤、明け、休みのシフト勤務だから勉強の時間がとれる。それだから選んだ勤務先だった。「仕事に行っている間を除けば、眠っている間と食事、ふろの時間のほかはすべて机に向かっていました」と菊池さんはふり返る。苦闘の日々。しかし、次第に理解でき、勉強の楽しさが味わえるようになってきた。その結果、桜咲く日が訪れた。菊池さんの不屈の努力が実ったわけだが、黙って支えてくれた奥さんの理解を忘れることはできない。周囲が「文句をいわずに、よくやらせてくれる」と感心する奥さんだ。「私も妻には感謝しています」と菊池さん。

 菊池さんは、昨年末で勤めを辞めた。今度は永年の夢を、現実として手にするためだ。学院に紹介してもらった司法書士事務所で2、3ヶ月実務を経験し、いよいよ開業の予定だ。「人生充実のとき。妻もよろこんでくれました」菊池さんの新年は、光に満ちた幕開けである。
菊池英俊さん(キクチヒデトシ)〔九州法律専門学院No.2043780〕
ライセンスメイト 平成7年1月号・・・No.530

нさん

「全日制合格者の声/ふくらむ将来の夢」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (22) 愛媛県松山市
 昨年の4月に入学してから1年半経ちましたが、充実した生活でした。何といっても嬉しかったのは、1年目に宅地建物取引主任者の試験に合格したことです。初めのうちは、慣れない法律の話でしたので戸惑うことばかりでしたが、そのうちに慣れてだんだん法律がおもしろくなりました。先生のかみくだいた話はとても解り易く、演習の授業では自分の弱点を克服することができました。そして合格した最大のポイントは油山での強化合宿です。社会人の方と一緒に規律正しい生活をしながら、宅建試験の総まとめをしたことが合格につながったと思います。

 今は、行政書士試験が10月に終わったばかりで一息ついているところです。今年は行政書士にも合格し、ダブルライセンスを狙っています。兄の会社に就職が内定しましたので、行政書士の次は司法書士に挑戦するつもりです。そして将来は自分の事務所を持つことが私の大きな目標です。
白石淳也さん(シライシジュンヤ)〔専門学校ライセンスカレッジNo.61316〕
ライセンスメイト 平成6年12月号・・・No.529

¼δさん

「学院で復習」

2建施(2級建築施工管理技士)  男 (26) 福岡県筑紫野市
 学院の講習を受けただけで、そのほかに特別の勉強はしていません。だから受験した時は落ちて当然という気持ちでしたが、うまく合格できました。仕事の現場で常に論議している「安全管理」が問題として出題されていたので幸運だったともいえます。日常、現場でしていることを思い起こせば問題は解けると思いました。集中すれば学院の勉強は現場の復習のつもりでいいのではないでしょうか。
今村隆明さん(イマムラタカアキ)〔九州建設専門学院No.59025〕
ライセンスメイト 平成6年12月号・・・No.528

 さん

「作文の訓練を」

1建施(1級建築施工管理技士・学科実地)  男 (39) 鹿児島県出水市
 1回目の受験では実地で失敗したので、2回目は実地を重点に勉強しました。作文が苦手で、文章でうまく表現できないものですから。これから受験する人は作文の訓練をしておくことも大切だと思います。

 現在はおもに住宅の仕事を手がけています。作業の監理面のことがいろいろ目につきます。監理が悪いといいものができません。最も重要なのは工期を守ることです。休日返上が多いです。
池田 淳さん(イケダスナオ)〔九州建設専門学院No.41276〕
ライセンスメイト 平成6年12月号・・・No.527

 ˭さん

「今は資格の時代」

1建施(1級建築施工管理技士・学科実地)  男 (44) 長崎県下県郡美津島町(現長崎県「対馬市」)
 仕事をしながらの勉強だから、それなりの苦労はありました。昼間は来客があったり、電話が入ったりするので集中できません。夜、早めに寝て午後11時ごろ起き出し朝まで勉強する方法をとりました。

 資格はほかに土木や管工事などいくつも持っています。今は資格がないと仕事ができない時代です。機材や技術は日進月歩。都会から離れていると差が出ます。情報収集には力を入れています。
早田 豊さん(ソウダユタカ)〔九州建設専門学院No.49837〕
ライセンスメイト 平成6年12月号・・・No.526

 さん

「電話で特訓!!」

1建施(1級建築施工管理技士・学科実地)  男 (46) 鹿児島県薩摩郡鶴田町(現鹿児島県薩摩郡「さつま町」)
 それなりに手応えのある出題でした。しかし、きちんと準備をしていたので不安はありませんでした。学院にレポートを提出して添削を受けるわけですが、理解できないところは学院との電話で納得いくまで指導を受けました。

 職務にどうしても必要というわけではありませんが、資格を持つことで、業者との対応でもリーダーシップがとれるという効果があります。
東 幸治さん(ヒガシコウジ)〔九州建設専門学院No.1091181〕
ライセンスメイト 平成6年12月号・・・No.525

Ҿさん

「独立しました」

調査士(土地家屋調査士)  男 (27) 福岡県北九州市小倉北区
 地元北九州の高校を卒業した後、大学で法律の勉強をしましたが、父が土地家屋調査士事務所をやっていた関係から自分も土地家屋調査士の道へ進もうと決意して、ライセンスカレッジの前進である九州不動産専門学院に入学しました。
 まず、測量士補の資格取得をめざして勉強を始めましたが、初めての受験で合格し、次の年に土地家屋調査士の勉強へと進みました。登記の基礎から高度な書式演習へという効率的な指導の甲斐あって土地家屋調査士も一回で合格しました。
 自分でも努力しましたが、本当にいい先生にめぐり逢えたと感謝しています。
 卒業後は、父の事務所で実務を学び、今では自分で開拓したお客さんも数多く持つことができ、測量や立ち会い、登記書類の提出等で東奔西走しています。
 これからいろいろな資格に挑もうとされる方は、目的意識をしっかり持って、それへの努力を継続すれば、必ず報われると確信しています。ぜひ頑張って下さい。
白石智勝さん(シライシトモカツ)〔九州不動産専門学院No.2074690〕
ライセンスメイト 平成6年11月号・・・No.524

緧δさん

「途中変更はタブー」

2建(2級建築士・学科製図)  男 (38) 福岡県福岡市早良区
 図面で一度失敗しました。勘違いして描いたものだから10?オーバーしてしまった。それで、間取りを描き替えました。苦心さんたんして完成させたけど図面がきたなくなってしまいました。そんな場合は減点でもいいから、少しおかしくても最初のまま押し通すべきだと思いました。

 二度目は見事合格です。今は、建物の設備が仕事ですが、将来、役に立つこともあろうと思って受験しました。
大熊憲隆さん(オオクマノリタカ)〔九州建設専門学院No.1097505〕
ライセンスメイト 平成6年11月号・・・No.523

さん

「成せば成る」

2建(2級建築士・学科製図)  女 (43) 福岡県福岡市西区
 この2年間のうちに、建築士のほかにインテリアコーディネーターとインテリアプランナーの資格も取りました。3つとも、知識の内容は関連があるものなので合理的に勉強ができたともいえましょう。

 年を取ると確かに記憶力は劣えます。しかし、やるべきことをきちっとやれば年齢には関係なくやり遂げられるものだと思いました。十分に勉強したので、試験も落ち着いて受けられました。
渋田美紀子さん(シブタミキコ)〔九州建設専門学院No.4592〕
ライセンスメイト 平成6年11月号・・・No.522

Ʋさん

「幸運にも恵まれて」

1建(1級建築士・学科製図)  男 (43) 福岡県福岡市早良区
 本格的に勉強に取り組んだのは4ヶ月間です。この間は1日に何ページと自分に課題を与え酒も飲まず、夜中の3時4時まで頑張りました。車の中ではテープを聞くという具合です。おかげで、ほぼ頭に入りました。

 合格のコツといえば、毎日こつこつコンスタントにやることでしょう。それと、試験前日まで問題集を見ることですね。私は、前日見た問題集から構造で3問出ていて幸運でした。
橋口雅堂さん(ハシグチマサタカ)〔九州建設専門学院No.1101848〕
ライセンスメイト 平成6年11月号・・・No.521

 さん

「背水の陣でした」

1建(1級建築士・学科製図)  男 (50) 福岡県古賀市
 2級を取って20年以上もたっているので、全く新人と同じ状態での受験でした。40代の最後、49歳での挑戦です。年齢を感じてがく然とし何度も投げ出そうと思いましたが、そのたびに後になるほど年齢的な条件は悪くなるのだから、少しでも早い方がよいのだと、自分にいい聞かせ、背水の陣で取り組みました。毎日10時間、講義も無欠席で通しました。いい経験をしたと、学院に感謝しています。
松原 猛さん(マツバラタケシ)〔九州建設専門学院No.2002800〕
ライセンスメイト 平成6年11月号・・・No.520

さん

「時間をやり繰りして合格できた」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (49) 福岡県福岡市西区
 夜は接待や付き合いがあるし、仕事を持っての受験勉強は時間のやり繰りが大変でした。毎日、出勤前の5時から約2時間と会社の昼休みに問題集を取り組みました。休日は、自転車に乗って市立図書館に通いましたね。でも、久しぶりに勉強ができて楽しかったともいえます。

 4月から勉強を始めましたが試験日から逆にスケジュールを組んで実行したので慌てずにゴールインできました。
満岡武明さん(ミツオカタケアキ)〔九州不動産専門学院No.63136〕
ライセンスメイト 平成6年10月号・・・No.519

さん

「1回で合格し両親が驚いた」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (22) 福岡県福岡市博多区
 試験は、思ったより難しく感じました。練習問題では出会わなかったようなひっかけ問題が多くて戸惑いました。1問1問時間をかけて解かねばならなかったので、見直す時間もないほどでした。

 家業が不動産関係です。家業を継ぐというわけではありませんが、将来は不動産業界に入ろうと思って受験しました。1回で合格して両親は「まさか1回で合格とは…」と驚いていました。
橋元浩司さん(ハシモトコウジ)〔九州不動産専門学院No.46307〕
ライセンスメイト 平成6年10月号・・・No.518

ë さん

「問題を繰り返し自分のものに」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (43) 福岡県大野城市
 これから受験する人には、問題集を何度も繰り返し解いて、自分のものにするように、ということを伝えておきたい。私の場合、問題がひねってあったせいか問題がさっとわからず、苦戦しました。もっと勉強しておけばよかったと思いました。

 会社では損害保険関係を担当していますが、資格を取ってからはお客様にそういう方面のアドバイスもできるし、仕事に幅が出たと感じています。
谷 雅子さん(タニマサコ)〔九州不動産専門学院No.2084090〕
ライセンスメイト 平成6年10月号・・・No.517

さん

「暗記だけでは通用しない」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (26) 福岡県北九州市八幡西区
 皆さんもそうでしょうが、私も過去問をこなして試験に臨んだのですが、正解できたという手応えが感じられませんでした。問題がひねってあって、暗記だけでは通用しない形になっていたのですね。特に民法は内容を理解して本質をつかんでいないと答えられない問題のようでした。

 今は会社の企画部門にいるのですが、お客様と接触する営業部門に行けば、資格が大いに役立つはずです。
舟木和博さん(フナキカズヒロ)〔九州不動産専門学院No.63477〕
ライセンスメイト 平成6年10月号・・・No.516

͵さん

「一発で合格し父に親孝行できた」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (23) 福岡県福岡市東区
 父が住宅のサッシ関係の会社を経営しているのですが、将来は建て売り部門も展開しようということになり、それには宅建主任資格者が必要になるので、私に受験するように命令が出ました。一発で合格し、父に喜んでもらいました。親孝行ができました。

 勉強はテキストをひと通り理解して問題集、過去問も自分のものにしました。本番では初対面の問題に面くらいましたが、乗り切りました。
坂本裕二さん(サカモトユウジ)〔九州不動産専門学院No.62564〕
ライセンスメイト 平成6年10月号・・・No.515

һさん

「問題集を5回反復練習」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (35) 福岡県八女郡広川町
 合格はしましたが、かなりの苦戦でした。問題集を5回くらい反復練習して、本番にはある程度の自信をもって臨んだのですが、いざ終わってみると合格の確信が持てませんでした。問題がひねってあったので、勝手が違った感じでした。それに、問題集の練習の際にやり残して、自分で気になっていた部分があったのですが、不運にもそこが出てしまったのです。手抜きはいけないと思いました。
坂本智子さん(サカモトトモコ)〔九州不動産専門学院No.60598〕
ライセンスメイト 平成6年10月号・・・No.514

¹さん

「過去問を征服」

測量補(測量士補)  男 (37) 福岡県春日市
 過去問を暗記すれば合格間違いなし、と思って10年分の過去問の暗記に取り組みました。試験前の2、3ヶ月は土曜日曜は休みましたが、そのほかの日は毎日必ず3時間は暗記でした。仕事が終わってからの勉強ですからお休みしたい日もありましたが初志貫徹でやり通しました。会社から資格取得を命じられたので責任を感じたのも事実です。昨年11月から宮崎勤務。のんびりしていい所です。
横田和弘さん(ヨコタカズヒロ)〔九州不動産専門学院No.47733〕
ライセンスメイト 平成6年9月号・・・No.513

ƣさん

「運が第一」

測量補(測量士補)  男 (48) 福岡県前原市(現福岡県「糸島市」)
 合格ラインより1問多く出来たくらいではないでしょうか。一発合格でしたが、とにかくギリギリの合格だったと思います。人それぞれに勉強の仕方はあるでしょうが、結局は自分がかけたヤマが当たるか外れるかの運に左右される面が多いのではないでしょうか。行政書士も開業しており、依頼者に迷惑をかけないよう仕事上の必要から受験しました。今は土地家屋調査士を目指しています。
藤井重登さん(フジイシゲト)〔九州不動産専門学院No.773〕
ライセンスメイト 平成6年9月号・・・No.512

δさん

「意外に易しかった」

調査士(土地家屋調査士)  男 (49) 香川県観音寺市
 1回の受験で成功しました。平成元年ごろから試験は難しくなっていると聞いていましたが、昨年はいつもの年とは違ってオーソドックスな出題で予想していたよりも易しく感じました。勉強は、少しずつでもいいから毎日必ずする、という気構えでしました。
 海上保安部の水路部で海図作りを6、7年。それから今の建設コンサルタントの会社に。建築士の資格が、調査士の受験に役に立ちました。
久保隆章さん(クボタカアキ)〔九州不動産専門学院No.32699〕
ライセンスメイト 平成6年9月号・・・No.511

さん

「あきらめは禁物」

調査士(土地家屋調査士)  男 (38) 福岡県甘木市(現福岡県「朝倉市」)
 昨年、3回目の受験で合格しました。昨年の問題はそれまでに比べると条文からストレートに出題された素直なものでした。私は条文と照らし合わせながらの勉強方法を実行していましたので難なく解けました。自分の勉強方法が間違っていなかったと思いました。合格するには、あきらめないことです。私も、今度だめだったらやめようと思ったのですが、やめれば可能性はゼロになるのです。
本田正信さん(ホンダマサノブ)〔九州不動産専門学院No.39203〕
ライセンスメイト 平成6年9月号・・・No.510

̸さん

「必要は合格の母」

浄設備(浄化槽設備士)  男 (36) 佐賀県三養基郡北茂安町(現佐賀県三養基郡「みやき町」)
 2回目の受験で合格しましたが、1回目の試験より難しく感じました。試験会場を出て、学院の職員の方に「ダメ」といったほどでたが、合格でした。運がよかった、ということでしょうか。建築士と土木施工管理技士を持っていたのでその分は有利だったと思っています。私の場合もそうでしたが、仕事上必要に迫られれば身を入れて勉強するものです。誰でも真剣に取り組めば大丈夫ですよ。
北原晴二さん(キタハラセイジ)〔九州建設専門学院No.60594〕
ライセンスメイト 平成6年8月号・・・No.509

廳さん

「経験が役立った」

浄設備(浄化槽設備士)  男 (45) 福岡県福岡市城南区
 テキストにも載っていない問題が出て困りましたが、現場で積んだ経験がモノをいって1回で合格しました。これから受験する人も、テキスト以外から出題された場合の対応を考えていた方がいいと思います。

 バブルがはじけて世の中、不景気ですが、私の所は影響ありません。これまで真面目一本でやってきたのが、皆さんに認められたのでしょう。
糸山義人さん(イトヤマヨシト)〔九州建設専門学院No.62388〕
ライセンスメイト 平成6年8月号・・・No.508

 ̭さん

「範囲の広さに困惑」

下水処(下水道管理技術認定・処理施設)  男 (33) 福岡県筑後市
 2回目の受験で合格しました。過去問の問題集を勉強していましたが、出題されたのはそれだけではなく、法律から何から、とにかく範囲が広くてどこから出題されるか分からず戸惑いました。現在、浄化槽管理士の資格を持っていて、民家や事業所の管理業務をしています。

 今回の下水道処理施設は、会社からの指示で受験しました。全体的に勉強しないと合格が難しい試験だと思います。
鐘ヶ江 稔さん(カネガエミノル)〔九州建設専門学院No.65857〕
ライセンスメイト 平成6年8月号・・・No.507

̾ɧさん

「過去問でV」

下水処(下水道管理技術認定・処理施設)  男 (43) 沖縄県糸満市
 試験が終わった時点の自己採点で50問中48問は確実、あやふやなのは2問だけだったので自信がありました。福岡で受験直前の集中講義を受け、用件があったのでその足で東京へ行きました。羽田空港で待ち時間が5時間ほどあったので、その間に過去問の練習をしましたが、試験本番ではバッチリ、そこから出題されていました。合格の要因はと、問われれば、過去問題に力を入れたことといえます。
玉城一彦さん(タマシロカズヒコ)〔九州建設専門学院No.1099613〕
ライセンスメイト 平成6年8月号・・・No.506

ͺϺさん

「CADの時代が来る」

CAD(CADインストラクター)  男 (25) 福岡県大野城市
 手書きによる設計の仕事には限界があります。時間はかかるし、図面は汚れるし、といったことです。CADは早いし、保存も変更も簡単です。そんなことから、これからの設計業界はCADの時代だと思いました。業務用厨房設計の会社に勤めながら学院に通い技術を習得しました。学院には熱心に就職の斡旋もしてもらい、CADのある海洋土木の会社で仕事をしています。忙しい毎日です。
向井雄一郎さん(ムカイユウイチロウ)〔九州建設専門学院No.63426〕
ライセンスメイト 平成6年7月号・・・No.505

ͳさん

「仕事はハード」

CAD(CADインストラクター)  女 (33) 福岡県福岡市南区
 学院では3ヶ月コースを選択しました。講師がお話上手だったので、授業だけでなく学院での生活全般が楽しかったです。今は、学院のお世話で学院が使っているCADのメーカーでインストラクターをしています。仕事は面白いですが、結構ハードですよ。

 以前、建設会社で事務をしているうちに建築図面を書くことに興味を持ち、CADを目標にしました。建築は自分の仕事が残るのがいいです。
小河由美子さん(オゴウユミコ)〔九州建設専門学院No.59281〕
ライセンスメイト 平成6年7月号・・・No.504

ܺさん

「人生設計に沿って」

CAD(CADインストラクター)  女 (26) 福岡県福岡市中央区
 熊本の高校を出てデザインの勉強をし、設計会社で内装設計の仕事をしていました。家庭を持ってもずっと続けられる仕事、自宅でもできる仕事を、と考えてCADのオペレーターを選びました。

 学院では、とてもいい環境で勉強できました。自分のいい時間に、何時間でも練習できました。就職も、入学当初から学院にお願いしていましたら、とっても親切に捜してくださいました。
宮崎恵美子さん(ミヤザキエミコ)〔九州建設専門学院No.66865〕
ライセンスメイト 平成6年7月号・・・No.503

̤さん

「CAD一期生」

CAD(CADインストラクター)  女 (22) 福岡県福岡市東区
 現在勤めている会社は、ビルの空調設備や電気配線の設計が仕事です。工業短大を卒業して入社しましたが、これからはCADが活躍する時代になるだろうと思っていました。それで学院の施工管理技士とCADのコースに入学し勉強していました。そしたら、会社がこの3月からCADを導入したので、私がやらせてもらっています。やりたかったことができて、楽しく仕事をしています。
更級未来さん(サラシナミク)〔九州建設専門学院No.63654〕
ライセンスメイト 平成6年7月号・・・No.502

߷¼ͳさん

「建築界目ざして」

CAD(CADインストラクター)  女 (27) 山口県下関市
 機械設計の会社のCAD部門で土木図面の仕事をしています。やっと仕事になれて、興味がわき楽しくなったところです。以前はインテリア家具の販売をしていたのですが、最初から建築に関心を持っていました。

 しかし基礎知識がないので、CADで図面を勉強することで建築の世界に踏み込むことにし、学院に入りました。下関からJRで週に5日は学院通い。少しきつかったです。
澤村美由紀さん(サワムラミユキ)〔九州建設専門学院No.63169〕
ライセンスメイト 平成6年7月号・・・No.501

ľさん

「保母から転身」

CAD(CAD利用技術者1級)  女 (27) 福岡県福岡市早良区
 管工事の設計の仕事をしています。会社に入ったばかりで無我夢中でやっています。もともと保母だったのですが、図面やトレースや、設計関係に興味を持っていました。何か違うこともしたいという気持ちが強かったので設計を勉強することに決め、雑誌で知ったCADの世界に踏み込みました。学院の講師も「よく思い切ったね」と感心しておられました。

 今はとにかく精一杯やるつもりです。
武田直美さん(タケダナオミ)〔九州建設専門学院No.62065〕
ライセンスメイト 平成6年7月号・・・No.500

ͦさん

「経験が役立った」

社労士(社会保険労務士)  男 (38) 宮崎県東諸県郡国富町
 商工会議所、会計士事務所勤務を経て、資格取得後の今年1月から現在の事務所に勤務しています。勤めていた商工会議所が実家から遠隔地だったので、地元で出来る仕事をしようと考えていました。商工会議所で、労働保険事務組合の実務をした経験があったので、これなら通るだろうと思って受験しました。若干、不安もありましたが1回でパスしました。実力をつけて将来は独立を、と考えています。
黒木勇夫さん(クロキイサオ)〔九州法律専門学院No.46866〕
ライセンスメイト 平成6年6月号・・・No.499

さん

「8月には開業」

社労士(社会保険労務士)  男 (41) 福岡県福岡市中央区
 サラリーマンをしている時に「そのうち、独立を」と考えて資格にチャレンジしました。勉強するうちに独立の気持ちが本格的になり、資格を手にした今、社労士事務所の開設に向けて準備を進めています。8月には実現の予定です。得意先を掘り起こせば、かなりの需要がありそうです。頑張ります。

 試験は2回目に合格しました。1回目は独学でしたが学院に通って効率的な勉強が出来ました。
中島一吉さん(ナカジマカズヨシ)〔九州法律専門学院No.37115〕
ライセンスメイト 平成6年6月号・・・No.498

ƿ̾˾さん

「将来にそなえて」

行政(行政書士)  男 (30) 熊本県下益城郡城南町(現熊本県「熊本市南区」)
 合格には的を絞って勉強することが大切だと思いました。

 私の経験でいえば税法や法学概論は思いきって捨てていいと思いました。勉強の方法では、基礎を確実にした上で過去問に当たる。その時、問題集はあれこれ手を広げず、2、3冊に絞り込んでみっちり研究することです。

 今は不安定な時代で3年5年先のことは分かりません。40代50代で安定した生活を送る備えとして受験しました。
匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州法律専門学院No.60526〕
ライセンスメイト 平成6年6月号・・・No.497

İさん

「高校時代がよみがえる」

行政(行政書士)  男 (43) 佐賀県鳥栖市
 試験はひねった問題ではなく、条文通りの出題で取り組みやすいものでした。それでも、受験3回目の合格です。2回目までは独学で、3回目のときに学院に通って合格しました。独学というのは大変です。最後の締めが出来ないというか、とにかく1人では合格ラインに行きつきません。

 学院では、一般常識を重点に学びました。高校時代に習ったきり忘れていた倫理、社会が蘇ってきました。
才田一良さん(サイタカズヨシ)〔九州法律専門学院No.12346〕
ライセンスメイト 平成6年6月号・・・No.496

ƣδǷさん

「通教で合格確実」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (31) 福岡県北九州市門司区
 独学で始め、1回目の試験は合格に2点差、2回目は1点差でした。このまま行けば次は合格かな?と思いましたが確実な道を選んで学院の通信教育を受け3回目に合格を手にしました。独学では、間違って覚えていたり、勝手に思い込んでいることがあるのですね。学院のテープを聞いて気付きました。

 うちがアパートを経営していますので知識はそちらで役立てることになるでしょう。
藤吉隆之さん(フジヨシタカユキ)〔九州不動産専門学院No.40617〕
ライセンスメイト 平成6年5月号・・・No.495

さん

「雑誌がわりにテキストを」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (29) 福岡県飯塚市
 土木関係の父の会社に勤めていますが、将来、不動産部門を開設するか、あるいは独立するつもりで資格を取りました。土木の仕事でも不動産との関係が結構多いものですから、なじみはありました。勉強はテキスト中心でした。分からない箇所はコピーに取って、仕事の合間に暇を見つけては雑誌を読むつもりで勉強していました。

 試験は出題形式がひねってあって、ちょっと戸惑いました。
山下弘一さん(ヤマシタコウイチ)〔九州不動産専門学院No.61902〕
ライセンスメイト 平成6年5月号・・・No.494

̾ˮさん

「意味の理解を」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (42) 福岡県福岡市東区
 勤め先が商社で建設部門もあるので、資格があればいずれは役に立つと思って取りました。試験は難しかった。考えれば分かることなのに、試験場の雰囲気に飲まれて上がりました。勉強で問題集をする場合、答合わせで終わってはいけません。意味を理解しておかないと角度を変えて出題されると分からなくなります。

 学院は、講師がユニークで楽しかった。講師のいう通りにすれば通りますよ。
玉城邦善さん(タマキクニヨシ)〔九州不動産専門学院No.40854〕
ライセンスメイト 平成6年5月号・・・No.493

ĸさん

「マイカーが教室」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (32) 長崎県島原市
 1年少々の勉強で取れたので、ついていたと思っています。通信教育を受けましたので、月に2回、長崎市のスクーリング会場まで車で通いました。会場に着くまでの1時間余りは、カセットテープを聞いていました。これが効果がありました、誰にもじゃまされずテープに聞き入ることができました。

 仕事柄、不動産関係とのかかわりが多いので、その方面の知識が必要になり挑戦しました。
園田光広さん(ソノダミツヒロ)〔九州不動産専門学院No.62179〕
ライセンスメイト 平成6年5月号・・・No.492

ƣさん

「執念で合格」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (51) 宮崎県日向市
 勤め先は旭化成関連の紡績会社です。日向の南の高鍋町の工場に3年勤務していましたが、その時は寮暮らしだったので時間がたっぷりあり、資格でも取ろうと思って独学で始めました。しかし、4回受験して失敗。独学の限界を知り、学院の講義を受けて5回目に合格しました。5回目というのは新記録でないかと思っています。今は執念が実って、ほっとしているところです。
伊藤喜代司さん(イトウキヨシ)〔九州不動産専門学院No.42362〕
ライセンスメイト 平成6年5月号・・・No.491

ëʸさん

「毎日の積み重ねで」

宅建(宅地建物取引主任者)  男 (36) 熊本県人吉市
 独学で3回受験しましたがうまく行かず、学院の講義を聞いて合格しました。全般的な知識は独学で身につけていましたので、4回目の受験では問題集を中心に取り組みました。問題集でも参考書でも、とにかく毎日欠かさず少しずつでも目を通したことが合格につながったと思います。

 融資の業務で、宅建と関係することが多く、知識がないと支障を来すものですから勉強しました。
谷川文昭さん(タニガワフミアキ)〔九州不動産専門学院No.18127〕
ライセンスメイト 平成6年5月号・・・No.490

ͳさん

「夢はふくらむ」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (31) 福岡県久留米市
 建築会社を経営している父に勧められて取りました。これから、不動産関係の会社に勤めて実務を勉強し、その後父の会社に入って不動産部門を開設しようと考えています。その時のために、現在は学院で2級建築士取得の勉強中です。宅建主任者の試験は、暗記の勝負だと思いましたから、学院で講義を聞きながらテープにとり、それを自宅で繰り返し聞きました。1回で合格できました。
堀川由美さん(ホリカワユミ)〔九州不動産専門学院No.60567〕
ライセンスメイト 平成6年5月号・・・No.489

ʥŻさん

「資格は仕事の条件」

宅建(宅地建物取引主任者)  女 (33) 福岡県大牟田市
 会社では、事務も営業も契約も、オールラウンドで仕事をしていました。しかし、主任者証を持っていないとお客様の信頼を得られません。それが、お客様の態度に表われるのです。契約書を作成する際に、主任者証を持っているのか、と露骨に尋ねられたこともありました。受験勉強をしたお陰で書類作成など上司から指示されて自分がしていた仕事の意味が分かるようになりました。
淵上美津子さん(フチガミミツコ)〔九州不動産専門学院No.63561〕
ライセンスメイト 平成6年5月号・・・No.488

Ͼ夻Ļさん

「思いがけない効果」

2管(2級管工事施工管理技士)  女 (45) 福岡県糸島郡二丈町(現福岡県「糸島市」)
 資格を持った社員が多い方が会社にとって有利なのですが、若い社員がなかなか取れないので私が先に取ってしまいました。若い社員の刺激になればと思っています。

 日曜ごとの通学と講義の録音で1回で合格しました。会社では経理を担当しているので、現場に立つことはないわけですが、受験勉強のおかげで仕事の内容が分かり、お客の応対に役立っています。思いがけない効果です。
河上せつ子さん(カワカミセツコ)〔九州建設専門学院No.63119〕
ライセンスメイト 平成6年4月号・・・No.487

さん

「一足お先に」

2管(2級管工事施工管理技士)  女 (45) 福岡県福岡市早良区
 主人と一緒に会社を切り回しています。資格を持つ社員が1人でも多い方が、会社のランクも上がると思って勉強しました。主人も一緒に受けたのですが、私だけが通りました。

 今は、事務の仕事を受け持っていますが、資格を取ったので現場へ出ろといわれれば、やってもいいかなと思っています。仕事を終わって炊事、洗濯がすむと午後11時。朝は6時に弁当作り。その間の勉強はたいへんでした。
大井喜代美さん(オオイキヨミ)〔九州建設専門学院No.62062〕
ライセンスメイト 平成6年4月号・・・No.486

ľさん

「社会的信用も手に」

1管(1級管工事施工管理技士・学科実地)  男 (32) 沖縄県中頭郡読谷村
 仕事と勉強の2本立てですから大変でした。昼休みも必ず30分は参考書を見るという具合で、1日2時間のペースで勉強しました。試験に空調関係が出ていたのには弱りました。仕事は上水道が中心で空調などにはなじみがないし、何しろ空気というのは目に見えませんからね。将来、自分が独立する際に有利だし、それに資格をもっていると、社会的信用も増すと考えて受験しました。
当真嗣直さん(トウマツグナオ)〔九州建設専門学院No.46363〕
ライセンスメイト 平成6年4月号・・・No.485

ʡʡさん

「新しいものに挑戦」

1管(1級管工事施工管理技士・学科実地)  男 (43) 大分県速見郡日出町
 試験は難しかったですね。3回目に合格しました。テキストは一通り目を通していたのですが、いざ問題を見ると、関係ないものが出題されているような気がしました。3回目も危ないな、と思っていましたが、通りました。受験したのは仕事上必要だからというわけではなく、新しいものに挑戦するという気持ちからです。今のうちに取っておかないと、歳をとったら覚えられませんからね。
福良福一さん(フクラフクイチ)〔九州建設専門学院No.55544〕
ライセンスメイト 平成6年4月号・・・No.484


Back to Top